アメリカン・アニマルズの作品情報・感想・評価・動画配信

「アメリカン・アニマルズ」に投稿された感想・評価

qudan

qudanの感想・評価

4.5
構図・色彩・音楽・テンポ・編集といった作品の持つトーンが非常に好み。
何よりオーデュボンの絵が良い。
心地良くて前半眠くなってしまった。

そして目の覚めるような後半の展開も良い。
前半と後半のコントラストによって、示唆的で胸の痛さを感じさせてくれる。
YMB

YMBの感想・評価

-
実話
こっちがハラハラした

みんなにつけられた(レザボア風でカラーの)コードネームの理由が好き
heihei

heiheiの感想・評価

-
つまらない町にいると刺激が欲しくなる気持ち、退屈な現実の向こう側に行きたくなる気持ち、よく分かる。

あの本の鳥の絵いいなー
nico

nicoの感想・評価

2.9
悪いことしようぜ!ってやってみたけど、みんな意外にもおバカだった話(笑)
Motchy

Motchyの感想・評価

3.2
大学生たちが強盗をするっていう実話の作品。
今まで観てきた強盗映画のような壮大なものを期待していたが、、、

いい意味で裏切られました。
本当に実話なのだと。

映画というより、ドキュメンタリー番組に近い作品だと思います。
強盗をした本人たちのインタビューを挟みながら話が進んでいきます。

映画というよりもまさに実話。
オーシャンズ〜とかそんなカッコいいものではない。
犯行の動機も理解できなくない。
本当にただの実話なのだと。
rage30

rage30の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

事前情報をまったく入れなかったので、どんな映画かも知らずに見始めたのですが、学生が主役の所謂ケイパー・ムービーでしたね。

退屈な日常に刺激を求め、図書館から希少本の窃盗を思いつく主人公達。
映画の前半は、彼らの強盗計画が楽しく描かれます。
映像の撮り方、カットの繋げ方、音楽の鳴らし方と、どれも非常にスタイリッシュに作られており、見ている方も共犯者気分でワクワクとさせられました。
特に名作ケイパームービーの引用・パロディーは、映画ファンなら盛り上がらずにはいられないでしょう。笑

映画の後半からは、強盗計画の本番が描かれます。
前半の軽快な雰囲気から一転して、後半は重々しく、のっぺりとした雰囲気で作られており、この対比が、現実の生々しさや緊張感をより強調している様に感じました。

そして、計画の本番が描かれるわけですが、これがとにかくグダグダで杜撰。笑
全てにおいて、詰めが甘いし、そもそも犯罪を犯す覚悟すら出来ていない。
もはやスラップスティックコメディーの様でもあって、ここはもう爆笑しちゃいましたね。

証拠も残しまくりだし、こりゃ逮捕されるだろうな~と思ったら、案の定逮捕されるわけですが、印象的だったのは、彼らが逮捕される事よりも、司書の女性を傷つけてしまった事に対して、思い悩んでいた事です。
やはり彼らは根っからの善人であり、善人であった事が、この犯罪が失敗した、何よりもの原因だったのかもしれません。

『アメリカン・アニマルズ』というタイトルですが、結局、彼らは動物にはなれなかった…人間だったという事なのでしょう。
では、こんな善良な人間を犯罪に走らせてしまったものは何なのか?
そこにこそ、問題の本質があるのかもしれません。

ちなみに、本作は実際にあった事件であり、劇中で回想する本人役の人は実際に事件を起こした本人なんだとか。
1回目の視聴では、実際の事件だった事も、当事者が出てくるのも知らなかったので、普通に役者さんだと思ってましたよ。笑
2回目の視聴では、それを理解してから見たので、また違った印象で見れました。
特に涙を流す場面などは、役者と本人ではその重みがまったく違ってきます。
何も知らずに見てしまった人は、もう1回見てみては如何でしょうか。
己

己の感想・評価

3.9
なんだろう?
すげーリアル!
実話に基づいた、じゃなくて実話
本人がインタビュー形式で登場
ってのもあるんだろうけど
心理的なものとかがすげーリアル

計画を練りに練って
いざ!となると予定がいのことがあったり
それで中止して出た時の晴れやかさとか
なんか、わかんないけどわかる!!

で、次は実行すると
うまくいかないと事だらけだし
それで周りに当たり散らすし
結果グダグタで、逃げ道で吐くし
実行にほつれが見えると人生崩壊レベルの後悔だし

あーっ!もう!
犯罪って無理!!
ってのがヒシヒシと伝わって、うわーってなもんでした

2人の記憶が違ったり、1人しか知らない部分は真実はわからないってのも
『映画』という神の視点じゃない意見がまたリアルで良かったです

コレはドキュメンタリーです。
るる

るるの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

2019年見逃し映画。冒頭からずっとかっこよくてわくわく。

モキュメンタリー形式なのは、もったいないきも。

貼ってあるポスター全部欲しい。

オーシャンズ 11のインパクトについて考え込んでしまったな。

ちょっとあまりにも、気取ってるわりに愚かすぎる学生たちで、それが滑稽みに繋がるかといえばそうでもなく、じりじりと辛くて。犯罪に手を染める罪悪感とか、普段から必要以上に読み取るタチなので、あっ、丁寧にやってるね、丁寧すぎないか、とちょっと醒めた目で見ちゃった。

最後に一気に信用できない語り手と化す、物語についての物語、教訓話として語られるあたり、映画好きをたしなめるような映画で、なんというか、いまっぽい気がした。DVDより配信で見たかったかもしれないと思った。

昔の仲間と映画を作れた、これはこれで夢があるのでは? よかったじゃん。もっと吹っ切れば? という気も。
.
#映画備忘録 #20200223
#アメリカンアニマルズ
監督脚本/バート・レイトン
#AmericanAnimals
2018/アメリカ・イギリス/116分
#レンタル
#映画部 #映画好きな人と繋がりたい
.
THIS IS NOT BASED ON A TRUE STORY.
からの
THIS IS A TRUE STORY.
への変換だけでもうカッコイイ。
.
田舎に住む平凡大学生4人による
強盗事件の半分ドキュメンタリー。
半分っていうのは、本人出演も
合間に挟まっているため。
.
ほぼ前知識0で観たけど、てっきり
簡単なケイパーものかと思いきや
方向性としては青春映画でした。
こんな田舎で普通の人生で終わりたくない、
俺たちは周りとは一味違うんだって
モチベーションを元に、あまりに
雑な強盗計画をたてて実行する話。
.
シングストリート+ペイン&ゲイン÷2。
って感じのお話でした。
.
前半のグダグダな計画パートが
案外楽しかったりする。
オーシャンズっぽい音楽流したり
意図的に笑わせにきてる感じ笑
ピチっとスーツ着て、髪型作ってた
妄想と比べて実際は。。。の
ギャップが素晴らしい笑
.
強盗映画によくある、計画が
思い通りに進まない時のピンチからの
脱出方法もグダグダ過ぎてもう笑
結局脱出できてないし笑
.
盗む場面も上手くなければ、
その後の売ろうとする場面も
素人目線で見てももうちょい
なんとかならんかったのかと思える程。
.
でもそんなグダグダ感が面白いし
途中からは可愛くさえ思えてくる。
個人的にはウォーレンの脳筋っぷりが
割と好きですはい。
みんながやりたがらない司書を
スタンガンで気絶させる役を
買ってでたのに、いざやってみると
スタンガンの威力が弱すぎて
気絶にも至らないグダグダ感とか。
.
1番大事なのは図面だ!って言ってるのに
その図面が全然だめだったとか笑
.
生温い気持ちで見てても、4人とも
7年の実刑もらってるからあまり
心の底からも笑えないもやっと感。
でもその7年すらオチに思えて楽しい。
あと捕まるまでの皆の青白い顔ね笑
.
周りとは違うって信じたいやつらが
結局周りと同じ、なんなら以下だった
ってことを思い知る場面がね。
全く毛色は違うけど、同じドキュメンタリーで
アクトオブキリングみたいな匂いも
感じた。
.
序盤が割とのんびりしてるけど
後半はテンポよく進むので気持ちいい。
>|