ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうたの作品情報・感想・評価・動画配信

「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」に投稿された感想・評価

過去にバンドで活動して売れなかった父と医学部の道に進む娘が音楽を通して、
共に成長していくミュージック映画!

このミュージック映画を聞いたら、ハマる事間違いなし!

日本では、マイナーな映画でパッケージもインパクトはそこまでないですが、凄く良い話で歌のシーンは自分も思わず、口ずさんでしまいました!

主要撮影はブルックリンで始まりました。

アメリカの映画評論サイトのRotten Tometoes(ロッテントマト)では、
146件のレビューがあり、批評家支持率91%で平均点が10点満点で7.23点と高評価でした!

あらすじ

フランク・フィッシャーは奥さんを自転車事故を亡くし、ミュージシャンとしても売れない、レコードの店を開いても生計を立てられない中で娘サムを育ててきた。
ある日、サムが医学部を目指して、勉強している時にフランクはサムに楽器を一緒に演奏してくれないかと頼んだところ、嫌々ながらサムはフランクと一緒に楽器を演奏しているうちにサムは「ハーツビートラウド」と言う曲を作り、フランクは無断でspotifyにアップロードすると自分の遥か予想を超える反響があり、凄く喜んだ。だが、サムは医学部の道を進みたいから楽器は演奏しないと言った。意見が違う二人の最終決断は?
果たして⁉️


↓ここからネタバレです↓



BGMを聴いていると凄く落ち着く。

この映画を観たとき、爽やかな風が吹いているような感じがしました。

サム役のカーシー・クレモンズとフランク役のニック・オファーマンの演技は本当の親子みたいで、涙が出てきそうでした。

フランクのレコード店の所有者役のトニ・コレットがフランクとの恋愛が甘酸っぱい!

街の風景が凄く綺麗でアメリカではないような感じがしました。

サムとローズの恋は甘酸っぱいですし、
それぞれの道を歩むために別れるシーンは凄く心に突き刺さりました😢💔💔

「Hearts Beat Loud」は特に好きな曲で
「Don't leave me here alone」の歌詞が好きで日本語にすると「私をここで一人にしないで!」と言う意味です。
これを聴いた時、凄く心に響きました😆
歌詞の意味を読むと多分、恋人のローズへ送る曲だったと思います。

最後にハーツ・ビート・ラウドを鑑賞した方でお気に入り曲がありましたら、是非ともコメントをお寄せ下さい!
お待ちしてます🎵
Yu

Yuの感想・評価

4.5
はじめは 親子の距離感の近さに(自分には無い距離感で)違和感があったし 父ちゃんの未練タラタラ感がイヤだったけど
いい終わり方だった🎶
某映画のシーンを例えにしたとこは とてもしっくりきて 好きだった🚢
ローズが良い子過ぎて あ〜 いい って感じ☺️🚲
gomyoda

gomyodaの感想・評価

5.0
観た。
あったけえ〜
音楽早くしたいな、音楽はいい
好感なハートフルサクセスストーリー。
楽曲がとても好き。
hsmt

hsmtの感想・評価

3.8
音楽 × 家族愛の爽快な映画でした。
確かに、「はじまりのうた」ミーツ「ハイフィデリティ」ですね。
楽曲のセンスも良かったです。

「人生に悩んだ時に芸術は生まれる。」
印象的な言葉でした。

 音楽やってる人を羨ましくなり過ぎる映画
                ♪( ´θ`)ノ
あぽぽ

あぽぽの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

音楽好きの父に送る映画。
まあ、父じゃなくてもいいんですけどね

なんかね、お話としては、まあ、少し物足りなさはあるけども。

もうさ、カメラワークとライティングが最高すぎました。もう、ごちそうさまです。ありがとうございます。

キスシーンとかの、綺麗でえっちい感じも最高でした。本当どうもありがとうございます。

音楽が響いていく感じからの心が高鳴っちゃう感じ、とりあえず、サントラループさせて戴きます。
Everything Must Goの一言に尽きる。
テンポが良くてさくっと見られる映画。

片親とかボケた老人とか貧乏とかセクシャルマイノリティとか、辛いことだらけの生活の中に見つけた現実的な夢と、突然得た特別なチャンスと気付かされた才能の板挟みの中での葛藤を描いてると思うんだけど、
大切なものを手放して前に進むサムに拍手👏
#064
良い声♪

97分という時間も良い
>|