ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうたの作品情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」に投稿された感想・評価

Haru

Haruの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

"好きなことをできるとは限らない、だからできることを好きになれ"
ニューヨーク、ブルックリンの海辺の小さな街にあるレコードショップ。元バンドマンの父と、LAの医大を目指す娘の新たな一歩と人生の決断を描く。

・娘とジャムセッションをしたくて子供みたいに言い寄る父親、それを半分呆れたように付き合う娘
・キーボードを弾きながら魅力的な歌声を披露する娘、ノートに書き殴った詞、2人で作り上げる曲
・女の子同士の特別な関係
・自分たちの曲が配信された喜びを分かち合いたくて家に走って帰り今後の活動計画を立てる父、著作権を訴える娘
・娘とレコーディングしたい父、医師になる夢を叶えたい娘
・自暴自棄になった夜にママとの軌跡を見返しかき鳴らすギター、シンセサイザーを駆使して幻想的な曲を弾く姿、曲を背景に自転車に乗れるようになる娘、この部分の描写が好きだ
・母の世話と叶えたい夢に挟まれ悩む父、的確な助言を送る祖父
・タイタニックの沈没を話しに織り交ぜライブを持ちかける娘、閃いたかのように看板にチラシを張り出す父
・最後に私が残ったら?とこぼす娘に父は…
・カーシー・クレモンズの魅力にどっぷりハマった作品でした
👩🏼トニコレ様を目当てで観たら”愛しの❤️”👨🏻‍🦳テッドダンソン (『📺CSI』『📺FARGO』etc)も出演していてウッハウハ🐒💕✨加齢と共に⚾️ストライクゾーンが広がるタイプでつ🚲≡3✨なので現在”人類ミンナトモダチ👭”状態🎶✨でも🧔🏻パパの髭はNO THANKSモニカ🚫

🏳️‍🌈🎧音楽モノの中でも特に『ギンギラギン(ではない)さりげなく優しくて温かい』作品ですた📽✨その何気なさを物足りなく感じるか否かで評価が分かれるようですぬ。書き下ろされた楽曲も全て良曲🎸🎹なのでツボれば間違いなくDAISUKIな作品になりまつヾ(*´∀`*)ノ✨アタシは父娘が突然🎤💻DTM(Desk Top Music)で宅録とかマヂか!!!!←となり。ノリきれず取り残されたまま終わってしまいますた…ぴえん(泣⤵️
kaito.m

kaito.mの感想・評価

3.8
娘が忙しいのに、「セッションしようぜー」ってしつこくおねだりする可愛い(痛い)親父に、渋々ながらも付き合っちゃう娘さん、良い奴すぎる。そして、しれっと歌唱力高いし、楽曲のクオリティも高い。
大人になりきれない親父と、しっかり者の娘の、友達のような関係が素敵。
ライブも良かった!
街の小さなレコード店を閉める事を決めた父親と、医者を志し街を出ようと決めた娘のお話。

ジョン・カーニーの作品と勘違いして見始めた作品。
邦題もそれを狙ってますね。

ストーリーは短くてコンパクト。
良く言えば軽くてあっさり、悪く言えば浅い。

全編良い音楽が流れるのが心地よい。
閉店するレコード店でのライブは最高でした。
dehocyan

dehocyanの感想・評価

3.3
あっさりした良い映画
様々な変化と選択の時期を迎える娘と変哲の無いジリ貧の父、音楽を通じて新しい人生を歩み出すお話。
SABO

SABOの感想・評価

4.2
期待通りの映画を見つけると
自然と笑えて、スッと入ってくる

わかりやすく軽いテンポの流れも
程よいキャラも
なんだかくどい台詞回しも
くどい親父の顔も
透明感のある歌声とビートが
心地よく踊り締めてくれた

主演の2人や周りの役者が
何か掴み所のないたたずまいで
フワッとした
ただそこにいる感じが
なんか良かった

歌ものはやっぱいい

日本の映画じゃ、この感じは出せないんだよなぁ
ぴょす

ぴょすの感想・評価

4.0
音楽っていいなあ。

もっと、成功とか派手なことを期待しちゃうけど、あったかい気持ちになれた。

小さな映画館で見て、尚更ほっこり。
LUKEN

LUKENの感想・評価

3.5
ジョンカーニーぽさはあるんだけど全てにおいて何かが足りないというか人間臭さがないと言うか当たり障りないというか、、笑

悪くはないんだけど、、
地味ながら良い映画。トニはおブスな女性も良い女も演じられる凄い女優さんですね。
音楽がいい。
旅立ちとは悲しいものだけど、親子のきずなが深まる出来事なのかも