きゃない

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話のきゃないのレビュー・感想・評価

3.8
筋ジストロフィーのことは世界仰天で見たくらいでそんな知らなかったけど、自分の全てを他人に見られて他人の手を借りなきゃ何も出来ないなんて私たち健常者が簡単に想像できるようなことじゃない。それでもワガママも冗談も言いながら一日一日を全力で生きる鹿野さんの強さはすごい。ボランティアの大学生たちと鹿野さんのやり取りがすごくリアルで、健常者と障害者の分かり合えない部分が鮮明に描かれてるところが共感しつつも悲しくなったな〜。2018年最後にこの映画を見れてよかったととても思った。〜完〜