ERI

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話のERIのレビュー・感想・評価

4.0
筋ジストロフィーで医者に20歳までと言われた鹿野さんが42歳まで生きたとゆぅ実話。

これ多分、あれだけ前向きに生きてなかったらもっと短い人生だったと思う。

体は動かないけど口だけは必要以上に動く。
なんだろね。
病気の話しなのに時々笑えるんだよ。
そして超絶ワガママ!
偉そう!
私だったらイラッとするね。

美咲も最初はイラついて『何様?!』とか言ってたけど。
それでもあんなにボランティアがいるのはどこか憎めない感じなんだろね。

正直考えさせられる内容だった。
だからと言って私は夜中にバナナを買ってこいと言われたら絶対買いに行かない(笑)

でもほぼ歩けない、言語障害のある母が今朝お菓子の『黒糖棒』を食べたいと急に言い出した。
黒糖棒を伝えるのもやっと。
父は何を言ってるのか最後までわからず。

夜中に言われたわけじゃないから仕方ない、たまには買って帰るか(笑)


あっ。
タッチパネル式の映画館じゃなかったから店員さんに『こんな夜更けにバナナかよ』って言うのがちょっと恥ずかしかった(笑)
並んでる時に『バナナ1枚』って言うか悩んだけど(笑)