こいけ

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話のこいけのレビュー・感想・評価

4.1
出来すぎた不自然な話ではなく、自然に笑えて、感動しました!

ここで泣けというようなシーンはさほどなく自然と人物に感情移入できました^ ^

誰もが出来てるようで出来てない、
”自分に正直に生きる”ことに人生をかけた男の話です‼️


★★★★★★★★★★★★★★★★★★
体が不自由で一人では暮らしていけない鹿野(大泉洋)。
彼は悲観することなく、自らボランティアを募り自立生活をはじめる!

その生活はとにかくワガママだが、それは彼なりの人に頼ることを我慢せず不自由な身体でも人として暮らすために必要なことだった!
どこか憎めない鹿野に振り回されながらも惹かれていくボランティア!

自立生活を目指した鹿野の感動の実話!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


すごくいい映画でした。
ベタにここで泣けとか、ここは悲しいだろ〜とかという雰囲気はなく、自然に心に響く作品です‼️

おそらく大泉洋さんと高畑充希さんのおかげだなぁと感じました😆
この二人は今作は、
自分のイメージほぼそのままなのに、ちゃんと別人にも感じ、
演じている雰囲気があまりないのにいつもと同じじゃない!

この二人の自然さのおかげで今作自然に感情移入できました😊


そして鹿野さんという人は映画内だとただのワガママ好き放題に見えますが、
ここまで周りに人が集まる人はきっと周りの雰囲気を察せる気配りのできる人なんだろうなと感じました!

夢があって、前に進むパワーがあって、人への気配りもできる!
人集まりそうですよね〜😏笑


そして、舞台がほぼ札幌!
そして、三浦春馬が北大の院生!
北大は職場から1番近い大学なので知ってる場所たくさん出てきて楽しめました😏