ゆかちん

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話のゆかちんのレビュー・感想・評価

3.6
障がい者のはずなのに、そう見えない。
それでいて、たまに直面する不自由さに少し憂いを持った表情になるのが「あ、この人障がい者だった」と気づかされる。

これを意図してやってるとしたらすごすぎる。つまり鹿野ってこーゆー人?

さらっと演じているように見えて、細部まで役作りをする大泉洋ならありえる。

障がいがあると不自由なことがたくさんあると思うけど、鹿野はその不自由や不便なことをボランティアと共に解消している。

全力で生きた人。

後半は脚色が入ってるのかな?
わたしは憎たらしいワガママな鹿野が好きだから、良い人描写はなくて大丈夫でした。
原作もぜひ読んでみたいです。