こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話の作品情報・感想・評価

「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」に投稿された感想・評価

Nyao

Nyaoの感想・評価

3.0
大泉洋でした。
kanako

kanakoの感想・評価

3.6
思ったよりも深くて盛りだくさんのお話。
プロポーズのシーンは、すごく印象的。きっと鹿野さんは答えを知ってるけど、言わないわけにはいかないのが鹿野さん。そのプロポーズにあんな大勢でお祝いムードの中いいえっていうなんて本当に勇気がいることで、ああ、優しさって、なんでも「いいよ」って受け入れるだけじゃないんだと思った。そんな強い優しさを私は持ちたいなと思った。
ma7

ma7の感想・評価

3.0
記録
水曜どうでしょうでおバカキャラだった大泉洋。いまやどのドラマも映画もいい演技するなあ。建築関係者としてはバリアフリーの在り方を考えさせられた作品。
「鹿野さん…なにさま?」

1994年 北海道 札幌。
カップラーメンを食べさせてもらい、新聞を読ませてもらう男性:鹿野。多くのボランティアの方に介護してもらい、ご満悦です。

彼は首から下が動かせなく、また心臓部も弱っていました。しかし、口は達者で次から次にボランティアに指示を出していきます。

そこへ、女性:みさきがやって来ます。彼女は彼氏:田中がボランティア活動しているのを見に来たのでした。

みさきは教育学部の学生です。医学生の田中目当てにボランティアに参加しますが、障害者の鹿野のわがままに振り回されます。

三浦和馬さんはイケメン俳優だと思っていましたが、とても演技が上手いですね。この映画では、有名な俳優さんがたくさん出ていましたが、一番、群を抜いて上手かったです。

日本映画がなぜあまり面白くないのかと時々思ってしまいますが、そこは演技力の足りない俳優さんが人気という力の元で映画出演しているからかもしれません。

この映画は、障害者とそのボランティアを中心に展開しますが、それがキレイごとだけの映画にしていない所が良いと思います。

「なんであの人のためにそこまでやるの?」
SHO

SHOの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ロックだね
わきお

わきおの感想・評価

3.7
憎たらしいのに愛おしい男
翼

翼の感想・評価

3.2
大泉洋ってだけで嫌味がそう聞こえない不思議。
同じことを自分が言ってたらどれほどの反発と炎上が待っているのか。ある種の嫉妬さえある。

ブルハの「キスしてほしい」が象徴的だけど、あんなまっすぐな要求の歌ってなかなかないよね。

台風の日は映画が進むなぁ
>|