こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話の作品情報・感想・評価

「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」に投稿された感想・評価

Keitan

Keitanの感想・評価

2.7
『ポジティブな難病人とドタバタするのお話』

20191014 110
モデルとなった鹿野さんの実話は素晴らしいと思うが、映画としてはイマイチだった。大泉洋や高畑充希の演技は素晴らしいし難病物なのも分かっていたが、自分としてはあまり泣けなかった。

筋ジストロフィーという病気で20歳まで生きられないと言われていた鹿野さんが、病院の治療を飛び出し多くの人に助けられ、30歳過ぎてもボランティアと共に家族みたいに自宅療養で過ごす日々をつづった物語。映画で描かれる彼の生き方は尊敬するものがある。そこにボランティアとして三浦春馬と高畑充希がやって来たところから物語ははじまる。

当然、主人公の死は最初から約束され悲しい別れが待っているのは分かっている。でも彼のキャラクターは呆れるほどポジティブで生き方自体が喜劇のようである。映画自体も大泉洋のキャラクターに助けられコメディの側面も十分にある。

が、どこか演出がチグハグで、泣けそうな時に何故か泣けない。別に泣きたくて見ている訳ではないが観客の感情を上手くナビゲーションするのが映画というもの。悲劇と喜劇は表裏一体で、上手くハマれば最高のモチーフだと思うが、そこが生かされず残念。
そんな感動か欲しいと言うのは贅沢だろうか?
タイトルに惹かれ図書館で読み、障害観を覆された原作。
今でこそ障害者の権利等、議論されるようになったけれど、彼は土台がないうちに実践した先駆者だと思います。
いまだに当時のボランティアの人達がつながって集まっていたりするのも彼の人徳なのでしょう。

2019.1.5 今年1本目
M

Mの感想・評価

3.2
記録用
Junichi

Junichiの感想・評価

5.0
彼が命懸けで伝えたのは
生きるとは
他者に頼るということ

大泉洋演じる鹿野さんは
筋ジストロフィーを患っている
体中の筋力が弱っていき
心臓や肺などの内臓を動かすことも難しくなっていく病気

つまり彼は
ボランティアスタッフなどの他者に頼らなければ生きていけない
彼にとって生きるということは
必然的に全てを他者に頼るということ

これは病気の人に限ったことではない
むしろ
わがままを押さえ込む傾向があり
人に甘えるのが苦手な人にこそ観て欲しい作品

大泉洋さんだけでなく
高畑光希さん
そして脇を固める役者たちも
渾身の演技で挑んでいます

原作も読んでみようと思います
絶対泣くと思ったから劇場では観なかったんだけど、泣かなかったしむしろかなり笑えたから劇場で観たら良かった…。

大泉洋さん演じる筋ジストロフィー患者とその周りの人たちのお話なんですが、
大泉さん、天才。
あの人は常に100のキャラクターを持ち合わせてる!
笑いのセンスがあって、わがままで、でも憎めなくて、こんな役大泉さん以外にできないよ。

もどかしかったり、悔しかったり、暴れたくなるほど嫌なことがいっぱいあっただろうに、あそこまで自由を求めて希望を持って人生を歩んだ人って他にいるんだろうか?と思えるほど鹿野さんは私たちを驚かせた。

私は「俺が人生楽しんじゃいけないのかよ」って台詞が大好きで。
だって、そんなことあるわけない。
自分の人生を誰かに遠慮する必要なんて無い。
自分が今後、誤って、勝手に決めつけて偏った意見を言いそうになった時に必ず思い出そうと思う。

映画を観ていて何度もハッとさせられた。
自分は偏った考えでは無いと思っていたけど、そんなことは無かった。
全然分かってなかった。
助けが必要な人に手を貸すのは当たり前だが、その人をかわいそうなどと勝手に思う必要がどこにあるのか?
一方からしか見えてないのだ。
一度立ち止まって、自身が傲り高ぶってないか見つめ直すべきだ。
私たちはまだまだ学んで成長しないといけない。
とも

ともの感想・評価

3.4
はじめっから憎々しい態度にムカムカしてくる。作品の狙い通り笑

それがだんだん好きになるかというと、、やはりわがままだったり、憎らしかったり、いわば自然体。人柄なんでしょうか。ボランティアさんにも愛されています。

人はできることより
 できないことの方が多い

彼が言う言葉には重みがありましたね。見終わった後は彼がとても愛おしく感じられました。
つ

つの感想・評価

3.3
障害者のお世話をする、っていう外側の人間からの意見が、映画を観終わると、障害者とか関係なく対等な人間の、人間関係(友情)のお話。
誰もが人に助けてもらって生きてる、助けてもらう勇気も必要、っていう必至に生きる鹿野さんが言うからこそ染みる言葉もたくさん。
最初は私もみさきちゃんと同じ気持ちだったけど中盤で田中くんにイラつくw
20歳までしか生きられないはずだったけどその倍以上生きた鹿野さんすごい。
実話ってのもまた、すごい。
冒頭の傍若無人ぶりに
『あなた何様⁉️障害者はそんなにエライの⁉️』というセリフで私達を同調させておいて

少しずつ彼の信念に引き込まれて行く

お母さん(綾戸智恵さん)と、病室でのシーン
セリフはほとんどないのに、
綾戸智恵さんの眼差しだけで泣きました😭
なんかとてもいいシーンでした

主治医に退院は認められないと言われながらも
『あなたも仕事が終わったら、
家に帰るじゃないか』
と言い放つ

もちろん自宅に戻っても
1人では生きていけない
彼は人に助けてもらわないと
生きていけない
でもそれを
あくまでも対応だと言い放つ

その主張にハッとする

そうその通りですね
障害者に限らず
子育てや
仕事
社会活動…
色々な事を自分の力だけでやっている
やってあげている
というのは
間違いですね
一方的にお世話をしたり、
何かの役にたてたりしているわけでは
ないですよね

それを通して私たちは
時に不満を覚え、愚痴を零しながらも
考え、学び、何かを身に付けたり
人生を豊かにしていく事が出来ているのですね

そんな事に気付かせていただきました🙂
よ

よの感想・評価

-
大泉さんがハマり役。

最初はただわがままでデリカシーなくて嫌な人だと思ってて、正直嫌悪感さえ感じた。
でも気づいたときには鹿野さんのことが好きになってる。
体が動かなくても夢を追う姿には勇気をもらえる。

でもみさきちゃんと恋愛的な関係になるかも〜みたいな展開はいらなかったなあ。
人間的に好きで信頼し合ってる関係でいてほしかったから、、、
最終的に田中くんと結婚してくれたからよかったけど。

感動したけど泣くまではいかなかった。
でもあったかい気持ちになる。
>|