夏色ジーン

マイ・サンシャインの夏色ジーンのレビュー・感想・評価

マイ・サンシャイン(2017年製作の映画)
3.3
感想川柳「正当化 それが人を おかしくする」

予告が気になって観てみました。φ(..)

92年、ロサンゼルス・サウスセントラル。ミリーは家族と一緒に暮らすことができない子どもたちを、貧しいながらも愛情を注いで育てていた。隣に暮らすオビーはミリーたちの騒々しさに文句をつけながらも、陰では彼らをあたたかく見守っていた。そんな中、黒人が犠牲になった事件で不当判決が下されたことから、暴動がぼっ発。その影響でミリーたちの生活にも変化が訪れる…というお話。


いわゆる『ロサンゼルス暴動』を背景にした作品ですね。(´・c_・`)

デトロイトの暴動の作品は観たことありますが、ロス暴動は初めてですね。(・д・ = ・д・)

"ロドニー・キング事件が引き金になった"くらいの予備知識はありましたが、"ラターシャ・ハーリンズ射殺事件"は知りませんでした。(゜_゜)

韓国系アメリカ人と黒人って仲が悪かったんですね。(-_-;)

実際の暴動の様子がTVで流れますけど、街が燃える様子はまさにこの世の終わりみたいな感じ(;´д`)破壊された店内からホクホク顔で品物を盗んでいく人たちはどういう気持ちなんだろ?



『俺たちはこんなに虐げられてるんだから当然』という雰囲気ではなかったな。(´・c_・`)『ラッキーラッキー』\(^o^)/くらいなんだろうな。子供たちと大差なかったし。

『正当性』を得た人間の行動は容赦ないですよね。(;´д`)

逆に警察はこちらに正当性があると妄信的になってる(;・∀・)まぁそうしないと面目丸つぶれですから。


それに比べてバーガーキングは完全に笑わせにきてるでしょ?(笑)( ´∀`)子供たちが微笑ましくて、暴動による『怒り』みたいなのは緩和されてる気がします。

ウィリアムの件に関しては暴動とあまり関係ないような…( ´△`)街の機能がストップした影響はあったけども。


『ダニエル・クレイグ』と『ハル・ベリー』は豪華だけど、あまり暴動に巻き込まれた感はないかな?(゜.゜)


差別や憎悪による事件がテーマではあるけど、そこまで訴えかけるものがなかったような気がしました。(・д・ = ・д・)

もちろんラストはやりきれない気持ちになりましたが。( ´△`)


んでまず(^_^)/~~