Kurita

モンパルナスの灯のKuritaのレビュー・感想・評価

モンパルナスの灯(1958年製作の映画)
4.1
2016年最初は名画座で。予備知識なく見ましたが、実在の人物元にした傑作!でした。新年早々幸先がよいなあ。

モディリアーニについては無知でしたが見終えてから調べてみると、なるほどジャンヌ夫人も加えて実際にも美男美女。

そんな二人の伝説的な実話を下敷きに、ハードボイルドな光と影の世界を作り上げています。
現実に打ちのめされた彼が彷徨い歩くシーンの絶望的な美しさ!光に照らされた笑顔に現在まで繰り返される搾取の連鎖を暗示する手際のよさ!そして切れ味バツグンな後味の悪さまで!

これはカラー作品では出せないモノクロならではの味わいです。