引っ越し大名!の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

上映館(50館)

「引っ越し大名!」に投稿された感想・評価

も

もの感想・評価

3.5
おもしろかったといえばおもしろかった
最後ちょっと詰まってたなぁという印象
そこが引っかかってしまった

このレビューはネタバレを含みます

2019/09/15 映画館
王道から外れた時代劇がわりと好きなので鑑賞。
そこそこ面白かったですが、陰謀パートはもうちょっと違う形にしてほしかったという気持ちがなくもない。超高速参勤交代と同じ脚本家だなーと思う。ザ・娯楽映画な感じがして悪くないとは思うので、ただの個人的な趣味の違いの範疇です。ただこのチャンバラシーンあたりから、「このヤバい高橋一生サイコーだな!!」という思いが強くなる。観終った後、主役よりもこのヤバい高橋一生のことばかりを印象に残ってしまった。春之助のキャラも好きだったんですが、それを超えるヤバさ… そしてなぜこんなにもエリート童貞役が多いんだ、星野源(褒め言葉)。殿様ミッチー、於蘭さんの高畑充希もよかった。
だがしかし、そんな高村が於蘭との関係を聞く(焚きつける)シーンはちょっとな、と感じました。デリカシーがないキャラといえばそうなのですが、もやっとするものがありました。
くら

くらの感想・評価

2.5
各所で共感した(転勤族)めちゃ身につまされた。
高橋一生が満面の笑みで楽しそうに武器を振り回していてこちらも笑顔に。

修復を終えた姫路城の白鷺のような優美さをこの目で見て、当時の主人公達に想いを馳せてみたくなった。
ちくわ

ちくわの感想・評価

4.0
上映中に思わず声を出して笑ってしまった。

人情味溢れるコメディ映画。
まさに痛快な娯楽作品。笑って泣ける時代劇!!

【賛否両論チェック】
賛:引きこもりだった主人公が、仲間達と共に理不尽な国替えに立ち向かっていく姿が、まさに痛快。それに加えて、人々との関わり合いのドラマに感動もさせられる。
否:展開は時代劇特有のご都合主義で、ツッコみどころも多い。殺害シーンもあり。

 家臣や家族全員で引っ越す「国替え」をテーマにした本作。引きこもりなのに何故か総責任者にされてしまった春之介が、親友や勝ち気なヒロインの助けも借りて、様々な困難を切り抜けていく姿は、観ていてまさに痛快で、これぞ時代劇といった印象です。個人的には高橋一生さん演じる源右衛門の、熱くて友達想いでそれでいて強い、そんなキャラクターが好きでした。
 そして、泣く泣くリストラを行った春之介と、武士を捨て百姓として残ることになった者達とのドラマも、また感動を誘います。詳しくは実際にご覧になっていただきたいのですが、物語のラストも、それに関連してすごくジーンと来ました。
 それから何といっても、やはり時代劇ですので、殺陣のシーンは不可欠です(笑)。クライマックスはこれまた痛快ですので、お見逃しなく。時代劇好きもそうでない人も、笑って泣ける娯楽作品ですので、是非是非チェックしてみて下さい。
春陽

春陽の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

先代から通算7回の国替えを命じられた、引っ越し大名こと松平直矩を史実を基に書かれた小説を映画化。ノリは超高速参勤交代。で、この流れは年末の赤穂浪士までいくのか…今は、コミカルに描かない時代劇は駄目なのかな?

なんだかんだミュージカル?要素があるが、面白かったし、ラストはちょっとジーンときた。ダメなんだ…報われる話には弱い…。忘れない、気にかけてくれる、覚えていてくれることは人には大切だと思った。それに『待たされたつらさもあるが、待たせているつらさもある』という台詞に想いあっている感じがした。メインキャストが星野源、高橋一生、濱田岳という、どちらかというと陰キャラキャストというのが珍しい。高橋一生の役は、腕が立つガッシリとした少し筋肉脳な感じがするので、もう少し体に厚みがある俳優を当てそうだが。好演していたけどね。脇を固める俳優も役柄も定番的で大きなハズレがなさそうなので安心して楽しめた。隠密の頭役の人…よくこの手の役で見掛ける。そんなに隠密顔なのかな?バタバタコメディでなんでもアリだの思っていた今作だが、1つ、おい!それはないだろ!?というところがあり、友情出演の向井理、お前だ!向井理がミッチーに迫るって!逆じゃないか!!( ̄□ ̄;)!!
調べてみると、かなり苦労した藩だった。
この作品に限ってはないが、こういう忍耐力を要する社会が続いたから、日本人は我慢強かったのかな…戦中も含めて我慢をすることが多く、『死ぬまで我慢しないのが普通じゃね?』になったのがここ何十年なのだから、まだ抜けきれない根強さがある気がする…。
陽

陽の感想・評価

3.6
人をまとめるということ。
一人ひとりと向き合うということ。

何かをなすには、自分の思いを伝えていくことが始まりだと優しく伝えてくれるお仕事ムービーでした◎
引越しは頭使って、体使って、人も気遣う。
星野源推しだから初日鑑賞。
内容はまあまあ。高橋一生が効いてる。
きりん

きりんの感想・評価

2.5
引越しってやっぱ大変やなぁ

高橋一生がいい味だしてたね