引っ越し大名!の作品情報・感想・評価

上映館(13館)

「引っ越し大名!」に投稿された感想・評価

なんだよ!めちゃめちゃ面白かったやんけ!
全然なめてたよ、教えておいてよ!


:::::::::::


正直、予告編からしてダメ邦画の気配がして、見送っていい球かと思ってたけど、いやはや娯楽痛快劇として楽しいし、時代劇に見せかけた現代劇としても超面白かった!
ストーリーそのものは中高年以上向けの、分かりやすくて勧善懲悪な物語のハズなのに、ラストでは隣の席の男子高校生が泣いてたから世代を問わず訴えるものがあるかも!

勤め人の悲哀っちゅーか、理不尽に振り回されるのが常の世にあって、それを愚痴るでもなく大きなエンタメに昇華して普遍の物語にしちゃってるのえらい!

史実に沿った松平直矩の国替えの顛末がそもそも面白いのに加えて、引きこもりの本の虫が難題に立ち向かうことで自信を得て、世界に踏み出していく青春映画としても痛快。

難題を若手社員に押し付けたら、思いのほかそいつが有能で、旧来のやり方や価値観を見直して、こんまり並みににビシビシ捨てていく話でもある。トイストーリーの後に見ると辛い!


どこの会社や組織にも前例通りであることに価値があったり、形式そのものが形骸化してる習慣があるもの。因習を「無駄!」として捨てる潔さの一方、心ならずも捨てざるを得なかったヒト・モノへの感謝と敬意に溢れてる。

悪役含めて登場人物全員間が抜けてるっちゅーか、各々魅力的でこの人達がいる世界をずっと眺めていたい。見終わってこんなに清々しい気持ちになれる映画だったのかと驚いた。

ひきこもりDT隠キャ侍:片桐春之介こと星野源のハマりっぷりはもとより、幼馴染の高橋一生が脳筋バカキャラが意外に似合ってるし、ヒロイン高畑充希の凛々として逞しい姿がカッコいい。殿様・松平直矩演じた及川光博がトボけた人間味はありつつも、家臣が仕えたい理想のボスっぷりで良かった。偉ぶらないしちゃんと見てるし。美少年趣味は実際そうだったとか。

難をいえば、高橋一生演じる鷹村源右衛門がそもそも発端。難題を春之介に押し付ける時には「ダメなら一緒に腹を切ろう」とまで言ったのに、いざ春之介の不始末を咎められるとちゃっかり介錯に回ってる。他にも引っ越し準備で忙しい時に、急にみんなのテンション下げるような発表するし、四六時中酔っ払ってる人なのかと思った。

それでもクライマックスで八面六臂の大活躍するんで、バカはバカなりに愛おしい。刀剣好きなら御手杵の槍が出てきただけでテンション上がりそう!

個人的にはピエール瀧がちゃんと出演できてて泣ける。虚構の世界でもクビになってて笑う。クビになった先でも新天地をちゃんと切り開いて、逞しく新しい幸せを開墾してる様に長年のファンは現実を重ねて泣けちゃったよ😭

81本目
うに

うにの感想・評価

3.4
一応時代劇ものとあって、となり街の映画館での1日1回の上映にお爺ちゃんお婆ちゃん達ばかり。古い映画館なので、一度の上映に数名しか入らない事を知っている私が知る限り、過去一賑わっていた。星野源を観に来ただけなので、内容的にはそんなに響かなかったけど、雨の日なのにいつもより人がいて嬉しかったな〜!
さかい

さかいの感想・評価

3.0
べつに重苦しいのが好きなわけじゃないけど、さすがに軽すぎな気が
1万人大移動という設定だが移動中は学校の遠足ぐらいの人数しか映らない。引っ越しも映画も、人をたくさん使うとお金がかかるからしかたない

姫路城は修復作業中(を見学できる施設が付いていた)に見にいったことがある。ピカピカになったなあ
修復後はきれいすぎて違和感とも、できた当時はこうだったとも言われている。ピラミッドも昔は表面が石灰岩で覆われピカピカだったらしい。一度でいいから見てみたかった

引っ越しで貯金ゼロになったのにその後のたび重なる引っ越しはどうしたのか…引っ越し自体は史実らしいので多分なんとかしたのだろう
ちまき

ちまきの感想・評価

3.2
源さん主演とのことで観賞。

時代劇風ではあるものの、お笑い要素も多く、気楽に楽しく観ることができた。

高橋一生の役は源さんを引っ越し大名に推薦したので、いじめる嫌なやつかと思いきや、ただの幼なじみ思いのいいやつで、最後は手柄を取っていった。
いいんだけど、なぜかもやもやした…(笑)
ひめ

ひめの感想・評価

2.5
普通に楽しめる内容。
ちょいちょい出てくるくだらない下ネタが苦手。高橋一生がドラマ『凪のお暇』の慎二に見えてしまう病気にかかってた。
saya

sayaの感想・評価

-
引っ越しっていつの時代でも大変だなあ。


源さんの役、前髪あるのはなんでだろうって思ってたけど、ちゃんとオチがあったので観る前のモヤモヤは消えました。


ピエール瀧さん、飯尾さん、小澤さんのお侍さんから農民になった方々の役柄がとても人間臭くてあたたかい。


高橋さんは最後まで元気いっぱいで健康でうるさくて楽しそうで、観てるこちらも楽しめました。


ポップな時代劇という感じで、かたくならずに気楽に楽しめます。
ラストに流れるユニコーンのでんでんが良いです。
リサ

リサの感想・評価

3.8
高橋一生に星野源❤️キャストに惹かれて久々の映画館鑑賞🎦
面白かったー‼️高橋一生が「億男」の時に鍛えてるって言ってて何故かと思いきや💦これの為か😳💦その成果あってめちゃ普通に振り回してた‼️すごいわ‼️中々最近の高橋一生にしては珍しい役柄で、また演技力の高さが光ってました⭐️星野源と高畑充希の感じもすき❤️
時代劇ものって言葉が難しくて「?」となる部分があるけど、それも少なくて良かった🙆‍♂️最後の星野源の役職だけ「?」だったかな。笑 本当こうゆうの勉強不足なんだろうけど、説明してほしいなぁと思う。役職が現代版でどうゆうものなのか知りたい!
元々気にはなっていましたが、映画館でみるほどではないと思っていたところ、柳沢吉保公が出ているというので見に行きました。本来悪代官ではないという見方が徐々にではあるが広まってきた吉保公を気持ちいいぐらいにただの悪代官に描いていて、吉保好きとしては複雑だが予想通り…。けれど、忠臣蔵題材作品以外は出てくることが少ない吉保公を映画に出してくれてありがとうという気持ちがすごかったです。
あとは普通にエンターテインメントとして楽しくおもしろく見れました。日本を舞台に日本語でミュージカルやるなら時代劇と田楽調というのが一番しっくりくると思えた。
殺陣シーンもしっかりとあり、春之助の終始ブレない人柄、けれど頼もしくなっていく様を見守れ、少しジーンとするいい映画でした。
>|