天国でまた会おうの作品情報・感想・評価・動画配信

天国でまた会おう2017年製作の映画)

Au revoir la-haut/See You Up There

上映日:2019年03月01日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

「天国でまた会おう」に投稿された感想・評価

おぎ0

おぎ0の感想・評価

5.0
ルメートル原作と知って映画館へ すっごくすっごくずっごぐ良かった!! 監督/脚本/主演アルベール・デュポンテルさん一気にファンになりました 戦場を走る軍用わんこのロングショット冒頭でもう心を捕まれ主人公たちを助けるエポニーヌ+コゼット+ガブローシュみたいな少女も凄くいい味でレミゼラブル好きにもお薦めです
ところでポスターの惹句って(この映画では「共に生きた時間に一生分の輝きがあった」)映画見たあと「こんな話じゃない…」て思うことありませんか? 私は良くあります そしてこの映画でも「こんな話じゃない…」(これじゃこういう映画好きな人に届かない)と思ったり
いはん

いはんの感想・評価

4.3
これは何があっても原作を読まなければと思い、即ポチッとしました。なんと普通に知ってる作家さんでびっくり。

重なる悲劇、戦争下、そして戦争後の無情で不合理な世界が繰り広がる。でもそれでいて明るく、暖かかったりもする。そんな映画でした。エドゥアールの作った仮面が彼の感情を表して、女の子が彼の言葉を伝える。そして、エドゥアールの存在と世界をつなげるアルベール。三人の中では美しい時間が流れるのに、外の世界と触れ合った瞬間崩れる。

天国でまた会おう、
君と僕と、彼女だけが存在する世界で、また会おう。涙が出てもおかしくないのに、涙は出なかった。そうでないなにか重いものが胸にずっしりと乗っかる。涙では簡単に流すことのできない何か重いものが。
赤痢

赤痢の感想・評価

-
途中
なんか最初に戦争大好きおじさん(脇役中の脇役)が登場するとこでタバコの火しか見えないのカッコよかった

こういう小難しいやつ(?)途中でよくわからんくなってやめてしまうんだよね
sat

satの感想・評価

-
よかった…
綺麗…
字幕 加藤リツ子
265

265の感想・評価

3.0
作品全体に漂う物悲しさがフランス映画って感じですね。

強いんだか脆いんだかよくわからない男の友情。
エドゥアールの仮面が妖しく不思議で美しい。

2021/20
hide

hideの感想・評価

4.5
原作未読。友情の物語であり、親子の物語である。映像綺麗、脚本も伏瀬回収が良くできている。原作読みたくなる。ルメートル、ミステリ以外も面白かった。
Maaa

Maaaの感想・評価

4.0
ラストシーンが美しい。原作とは異なるけれど、かえって印象的。
タノ

タノの感想・評価

3.0
戦争で終戦が近いのに、上官の命令でフランス、ドイツで争いが活発になって、死人が多く出て、上官が変だと、兵士も大変。
帰ってきたら、仕事はないし、主人公を助けた若い兵士は口元に大怪我を負って、生きているのが嫌になっていた。
でも、アルベールがエドゥワールを勇気づけて、絵描きの才能から自分の顔をマスクを作成するという奇抜だけど、美しい。
戦争での上官、エドゥワールの結婚相手がプラデルで、因縁があって取り憑かれたように邪魔な存在だったろう。
なみ

なみの感想・評価

4.0
エドゥアールが終始美、、、最後のシーンが忘れられない!
>|