あおい

恋のクレイジーロードのあおいのネタバレレビュー・内容・結末

恋のクレイジーロード(2018年製作の映画)
3.6

このレビューはネタバレを含みます

大好きな白石監督映画。短いだけに多くは語られない分、本来であれば回収されるべき伏線みたいなものが放置されたまま終幕するのですが、決してモヤモヤすることはなく、『悪魔のいけにえ』を想起させるようなエモいエンディングは、切なくて激しくて何故か美しい!

そして、やはり、というか主演の田中俊介の演技はすごい…白石監督からのラブコールを受けるだけある!『ダブルミンツ』もいつか観よう。

名古屋シネマスコーレの副支配人である坪井さんが「女装男は、すみれの不安みたいなものが具現化した存在だ」みたいなことを言っていて、それでかなりすっきりと理解できました。
あと、「女装男は(バス車内の)悪いやつを殺していく」という話も。肉体労働者風の男はもちろん、レイシスト丸出しのツイートをする男、、そして久保智夏は「実はDVパートナーを殺して逃げているのでは。腕が折れているのはそのせい。」という解釈も。

あとこれは私の解釈ですが、エンドクレジットで明らかになる女装男の名前は「江野祥平」。恐らく江野くんは時空を行き来する超自然的な存在になった結果、すみれの不安に呼応して具現化されたのでしょう。。

コワすぎシリーズの完結が楽しみ!!

同時上映の『超エドガーケイシー』は超短期間で撮られた短編映画。「超エドガーケイシー」って言いたいだけだろ!ってかんじのストーリーですが、おもしろいwコワすぎファンには是非観てほしい^ ^