Mao

マックイーン:モードの反逆児のMaoのレビュー・感想・評価

-
平成最後を飾るのにふさわしい作品。
世の中にまっすぐ向き合えば向き合う人ほど報われないこの世はなんて不条理なんだろう。
リーにとって、洋服は目的じゃなくて自分を保つ手段だったんだろうな。
なんかこう、そうなりたくてなったのではなくて、そうでしか生きられない人。
田舎で家族やペット、好きな人と過ごせれば幸せな人生なのに、どこか諦められない所があって、もがいて、なんのために生きるのか。
わたしも今の状況で家族がいなくなったらどうすればいいかわかんないや。