nao

マックイーン:モードの反逆児のnaoのレビュー・感想・評価

3.7

人は、服で身体を飾り、時には覆い隠すことで“自分の表面”をできる限り美しく見せようとする

アレキサンダー・マックイーンは人が隠したがるその“内面”を服を通してあぶりだそうとした
彼にとってファッションとは、自己の存在や人間性を表現した芸術的手段
その手段を巧みに使い、ただ美しいだけではなく、ロマンチックで伝統的な一面を持ちながら、アヴァンギャルドで挑発的な残酷さを秘めた唯一無二の世界観を纏うコレクションで、マックイーンは世界を魅了した

しかし、ファッションデザイナーとして頂点を極めながらも、名声や富を手に入れるにつれ自分の殻に引きこもり、孤独の闇も深まっていく
贅沢と貧困、美しさと醜さ、生と死は表裏一体のもの。
どうなろうとも、人間のありようによって縛られてしまう

一つのことに命を尽くすということの美しさ、そしてその危うさがマックイーンの人生を通して伝わってきました。

まさに、ファッションと共に歩んだといっても過言ではない彼の人生
美しい世界を求め、命を削って表現し続けた彼の魂に胸を打たれる作品です。