マックイーン:モードの反逆児の作品情報・感想・評価

「マックイーン:モードの反逆児」に投稿された感想・評価

rieeeeee

rieeeeeeの感想・評価

4.2
ドキュメンタリーとしてはかなりの情報量で見応えのある作品で、ショーの映像もたくさんあった。

テーラーから下積みを始めたリー、
デザイナーになってからも誰が仕上げたか見たいと言って職人のアトリエ入室禁止をなくしたというエピソードが印象的だった。

家に帰ってもマックイーンでいることをやめられない、孤独と言ったリーのインタビューが忘れられない。
seim

seimの感想・評価

-
なにも感じなきゃ僕の仕事は失敗。

美に定義はない。
Miko

Mikoの感想・評価

4.0
@「日曜のランチをした感じでショーから帰ってほしくない
最悪な気分か 浮かれた気分で会場を出てほしい
どっちでもいい
何も感じなきゃ僕の仕事は失敗
そういうこと」

蝕まれていくメンタル。
アートからそれを取り除くことは不可能なのか。

公開時から観たくて仕方がなかった作品。
奇抜な作品を発表するリー・アレキサンダー・マックイーンさんのことは、詳しく知ることはなかった。
まだ私がファッションに疎い頃に亡くなられたので……。
予備知識無くて大丈夫かな?と思っていたのだけれど、今作は彼の人生をしっかりと(今作に入りきらない物もあるだろうけど)書いてくださり、にわかにも分かり易かった。

今作はやはり、前半と後半の違いが恐ろしい。
前半はキラキラして楽しそうに洋服を創る彼にこちらもワクワクして見ていた。
《ハイランド・レイプ》はまさに、注目を浴びるのにうってつけ。
「たかが服だ」とチャーミングに笑う彼に朗らかな気持ちになっていた。

そして後半。
後半は完全にリーさんの映像は少なくなり、友人のインタビューが多くなる。
苛立ちを隠せずやつれていくリーさんを見て泣けてしまう。
そんな中の《No.13》のロボットとスプレーには、鳥肌が立った。
「自分の作品で泣けたのは初めて」と狂喜乱舞するリーさんを見れて安心した。

一番気になったのは、《ヴォス》
精神病棟らしい異空間をマジックミラーで作り上げた。
このコレクションは見たことがあって、正直苛立ちを隠せなかった。
……でも、今作を観て彼がこれを創った理由が分かった。
もう頭がおかしくて、彼の叫びにも似たものだったんだろうなと感じる。
ただこのコレクションは凄く好き。

ラストの《プラトンのアトランティス島》の不気味さと美しさ、美醜は圧巻。
呆然としてしまった。
あんなものを生で見られた人間が羨ましい。
そして、モデルの言葉が素敵だった。
「すごいモデル軍団がついている
みんなその気持ちで挑んでいた」

生きる希望を失うのは、やはり愛する人間の死なのだと感じた。
リー・アレキサンダー・マックイーンさんの喪失は計り知れない。
素敵な物を創り出してくれた彼が安らかにあの世にいることを願いたい。

とても最高なものを見せていただきました。

cc/恋をするように服を作り命まで捧げた、ドラマより劇的な人生
Ryoppi

Ryoppiの感想・評価

4.3
ドキュメンタリーとしても、彼自身の生き様を知るにも、最高の映画。マックイーンは芸術家として、考えるべきデザイナーだと感じた。
Kanobi

Kanobiの感想・評価

4.4
アレキサンダー・マックイーンのドキュメンタリー。彼が生み出すファッションの美しさは芸術だけど、美しさと死が隣り合わせになっている感じ。
「閃くのは最後の最後 いつも何かが降りてくる
兆しを いつも探してる」


スクリーンに響くのがマイケル・ナイマンなのは、ショーと同じでまぁ当然としても、使われる曲が曲なんで「マン・オン・ワイヤー」と被りすぎ!プティの顔がチラチラするわ!…と内心ツッコミ入れてたw

それでも“リー”の強烈さは、もちろん変わらないけれど。
いや、表に出すものが、放出されるものが強烈であればあるほど

彼自身の内面の
孤独さ加減に泣ける(T ^ T)


「兆しをいつも探してる」って
そんな兆しにまで乗るんじゃねぇと、こっちは言いたくなるわけで

自死に至るヒトは
やっぱしどこか“お役目”を終えた方なのだと
でなければ、あんな強烈な表現など、表せるものでは無かったろうと。そう感じるのです。


…彼のスカルイメージは
朽ちるものの美しさの象徴みたいね。
SeikiOdani

SeikiOdaniの感想・評価

3.5
業界も彼の事もほとんど無知ですがアートやデザイン系作品は好きなので鑑賞。
『最高か最低のどちらかであればそれでイイ!』を信念に邁進を続けるマックィーンだが、賞賛と非難とのバランスを維持し続ける苦悩のようにも見えたのは複雑である。ともあれ芸術って記憶や心に残るか否かなんだろうとも思う。
マックイーンのショーにも携わっていた、マイケル・ナイマンによるサウンドトラックが美しくて繰り返し聴いている。
そうた

そうたの感想・評価

5.0
ウィトキンからインスピレーションを得たショーがまじでやばい
ドキュメンタリーとしても映画としても素晴らしい
デザイナーになりたい人でこれ嫌いな人はいない
Katsufumi

Katsufumiの感想・評価

3.5
2019/171本目

アレキサンダーマックイーンのドキュメンタリー映画

誰しも好きなブランドがあり、ハマるブランドはある。


自分はそれがマックイーンでした。今は購入してないけど、未だにジーパンは何着かあり

マックイーンのショー凄い
素人目からしても個性的

デザイナー志望の方は必見
>|