マックイーン:モードの反逆児の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「マックイーン:モードの反逆児」に投稿された感想・評価

hana

hanaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

2010年、アレキサンダー・マックイーン逝去のニュースはファッション界を震撼させます。
ファッション通信でコレクションを見漁ってた頃にその名を知ったのですが、素晴らしいコレクションを沢山発表してたので哀しさが込み上げてきたのを覚えています。

やんちゃで面白くジョークが大好き、類稀なるファッションの才能を持っており、常に意欲的な彼は、「モード界の異端児」という名に相応しかった。

彼の人生をチャプターに分けて、家族、友人、仕事仲間の証言から回想していくドキュメンタリー。各々のチャプターを特徴付ける装飾を纏った骸骨💀が印象的でした。ジャケ写になっている色とりどりの花で囲まれたお面がマックイーンらしくて素敵です。

自身の名を取ったブランド「アレキサンダー・マックイーン」。斬新さと過激さが特徴的なそのコレクションは、すぐに世間から注目されます。メディアからはバッシングの対象となりますが、彼にとっては好都合。
確かな知名度と実力を上げていく彼は、やがて大手高級ブランドにとっても目の離せない存在に。ファッション界のエリート街道を突き進む彼は只々眩しい。

しかし、順風満帆な日々は長くは続かず、年がら年中コレクションに追われる多忙な日々。仕事と私生活が一体と化し、ドラッグが心の拠り所になっている不安定な精神状態。大好きだった筈の洋服作りやファッションは、いつしか彼を苦しめる存在になってしまう。

孤独だった晩年の彼を思うと、どうしても胸が締め付けられます。

常にエネルギッシュで何処か破滅的なマックイーンの生き方は、今もなお多くの人を惹きつけています。彼の生き方や美学を知りたくなったら、それはコレクションに色濃く映し出されているので、是非観て欲しいです。
yukasa

yukasaの感想・評価

4.0
「日曜のランチのような感覚でショーに来て欲しくない 最悪の気分か、浮かれた気分で帰ってほしい」
こすも

こすもの感想・評価

4.0
ファッションデザイナーのドキュメンタリーはどの作品も刺激に満ちていて大好きです。
40才という短い人生を駆け抜けた孤高の天才、アレキサンダー・マックイーンのドキュメンタリーは、ファッション業界に衝撃を与え続けたショーの映像が盛りだくさんで、すごく良かったです。
マックイーンのアイデンティティや才能がぎゅっと詰まっているショーが、マックイーンその人を語らせることになっていたと思います。
tipsy806

tipsy806の感想・評価

3.7
どんなに才能があっても有名でも普通でいる幸せってあります。
彼は唯一無二だからこそ成功もしたが、誰にもわかってもらえない孤独に胸をやられていた。美と光と闇の激しさに心がざわざわしてたし、何だかとても切なくもなってしまって、もうそれはうまく説明はできないのだけれど。

一見普通の人っぽいのどんどん垢抜け、深いブルーの瞳だけか変わらず輝かせながら追い込まれていく様子は心が痛い。彼の才能は芸術家としても素晴らしいもので、でもその言葉だけでは足りないです。
ユーチューブで彼のショーを、作品を見まくっている。
nao

naoの感想・評価

3.7

人は、服で身体を飾り、時には覆い隠すことで“自分の表面”をできる限り美しく見せようとする

アレキサンダー・マックイーンは人が隠したがるその“内面”を服を通してあぶりだそうとした
彼にとってファッションとは、自己の存在や人間性を表現した芸術的手段
その手段を巧みに使い、ただ美しいだけではなく、ロマンチックで伝統的な一面を持ちながら、アヴァンギャルドで挑発的な残酷さを秘めた唯一無二の世界観を纏うコレクションで、マックイーンは世界を魅了した

しかし、ファッションデザイナーとして頂点を極めながらも、名声や富を手に入れるにつれ自分の殻に引きこもり、孤独の闇も深まっていく
贅沢と貧困、美しさと醜さ、生と死は表裏一体のもの。
どうなろうとも、人間のありようによって縛られてしまう

一つのことに命を尽くすということの美しさ、そしてその危うさがマックイーンの人生を通して伝わってきました。

まさに、ファッションと共に歩んだといっても過言ではない彼の人生
美しい世界を求め、命を削って表現し続けた彼の魂に胸を打たれる作品です。
john2

john2の感想・評価

-
最悪な気分 か 浮かれた気分
選択肢をつくる際にこの2択を設定するって最高にかっこいい。
mochiz

mochizの感想・評価

3.3
彼のショーのとらえかた、
インスピレーション、テーマ、デザインへの落とし込み方に感銘を受けた。

ピアノ音楽が好きだからマイケルナイマンっていうのがなにか可愛らしい感じがした。
mariko

marikoの感想・評価

3.7
実際の映像を使いながらマックイーンの栄光、影、挫折を描いていくドキュメンタリー映画。ガラスの壁が崩れるのとか、インクを浴びるモデルとか、映画館の大きな画面で見ると迫力が違った。それを見ていたマックイーンが、「初めて自分の作品を見て涙が出た」というシーンが印象的、そして全編を通して見えるマックイーンの影…すごくのみ込まれた。モード好きな人は観るべき
るる

るるの感想・評価

-
見ました!正直ファッションドキュメンタリー見過ぎてどれも似たり寄ったりだな…と途中で集中力きれちゃったけど😭マックイーンのことあんまり知らなかったから観て良かった。

“普通のイギリス人”Crazinessを爆発させて、欲望に従って生きたらこうなった。気取ってなくて、ただ潜在能力にアクセスして出し切ることに成功した人という印象を受けた。だからこそ誰でもMcQueenになりうるなって親近感が湧くようなものだった。
果歩

果歩の感想・評価

3.3
こういうのみとったら有名になったり売れたからって幸せになるわけじゃないんやなって思うよな逆に人生大変そうすぎて羨ましくない