4

沖縄スパイ戦史の4のレビュー・感想・評価

沖縄スパイ戦史(2018年製作の映画)
-
沖縄戦の闇が闇のままにされる限り日本は変われない。
沖縄の少年兵という秘密裏に戦った子供たちの事実が暴き出される。実際の写真や映像が使われることで、観ている人に強いショックとこの世の地獄を感じさせる。
スパイの可能性が少しでもある人は殺さないと、逆に自分が殺されることになるという話をした証言者の言葉には、体験した人にしかわからない現実が滲み出ていた。生きるか死ぬかしかない現実が実際にあったということに改めて気づかされた。
そして、この映画は少年兵の事実だけでなく、現代にも残る問題も浮き彫りにした。
国民を守ることが第一に考えられない防衛は同じ悲劇を繰り返すだけだ。この事実を知った以上、他人事にすることはできない。動かなければ見て見ぬ振りをするのと同じだと思わされた。
強く考えさせる映画だったが、それだけ演出によってひとつの面が強調されているようにも感じた。他にも知らない現実が多い問題だからこそ、多面的な見方ができるようになりたい。