み

アラジンのみのレビュー・感想・評価

アラジン(2019年製作の映画)
5.0
幼少期映画館のない土地におり、アラジンシリーズのVHSをとあるところで貸してもらってひたすら見ていた…
という私情ゆえ、実写化というだけでエモい。ホールニューワールドのシーンではキラキラの夜景と夜空を飛ぶ疾走感にうっとりしていた幼心が蘇る蘇る。メンケンパワーとドルビーアトモスも相まってブワワワワ〜〜と視界がぼやけました、はあ、年取った(笑)

懐かしさだけじゃなく、新鮮味は結構ありました。特にジャスミンはより自律する女性像を打ち出してきていました。(にしては最初の世間知らず姫感と乖離してる気もするがまいいや)ナオミ・スコットさん美しいわ。あと侍女が面白かった!

大勢のダンスシーンがいくつかあってインド映画感が凄い。デズニーとしては新しい風吹いてる〜

そしてジーニー🧞‍♂️ですが、アニメよりスケールが小さいといえばそうだけども、こういうジーニーにしたことに実写化の意味があったと思う!ウィル・スミスの顔をじっくりニマニマずっと見ていられるなんて(笑)
ほかのキャラクターについて語りたいが止まらないのでやめる!


帰り道も曲が頭の中流れっぱなし。ということで家に着くやいなやアニメ版第1作と第2作見ました。やっぱアニメ版も凄いな(ていうか描写がよりえぐい)アラジンハイです


1度目は字幕ドルビーアトモス
2度目は字幕ドルビーシネマ
3度目は満を持しまして吹替!いよいよ飽きるかなと思いきや、吹替だと画面の隅々まで目が行くし、山ちゃんジーニーはやっぱり好きだなあああ。主演二人の声も素敵でした…