Akiyoshi

アラジンのAkiyoshiのレビュー・感想・評価

アラジン(2019年製作の映画)
4.5
ガイ・リッチーの魔法と夢の国。実写版アラジン。相当良かった。オレ、ナオミ・スコット結構前から知ってたもんね〜〜!!!と周りに自慢したくなるぐらい日本での知名度爆上げのジャスミン役ナオミ・スコット。「パワーレンジャー」の時の可愛さよりもジャスミンの力強さから綺麗な姿が印象に残った。

もはや「A Whole New World」を聴きに来た感があった自分だが、流れた時の安心感と、コレを聴きに来れた満足感。改めて音楽の力を実感した。「ただの青いウィル・スミス」と話題のジーニーも曲と合っていてもちろん良かったし、腹筋ムキムキで笑った。

何が良かったと言えば以上のことが良かったのだが、アラジンのストーリーが誰からも受け入れられて、色々なものへの憧れを抱かせるファンタジーが音楽も相まって異常な求心力を持っているのが凄すぎた。綺麗で力強いジャスミン、願いが叶う魔法のランプ、純粋な気持ち等、人々が目指し欲し、憧れを抱かせる様々なものをアニメから実写映画に変換して、より現実的に近く魅せたのはディズニーの卓越した技術があってこそだと感じた。