アラジンのネタバレレビュー・内容・結末

アラジン2019年製作の映画)

Aladdin

上映日:2019年06月07日

製作国:

上映時間:128分

あらすじ

「アラジン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

若干、ジーニーには🧞‍♂️違和感あったけど、脚本も少し変わってて面白かった。

アニメの歌と少し変わってて残念。

何よりジャスミンがキレイ過ぎてうっとり…♡♡♡
ストーリー自体は原作と同じなので、基本的に好き。かなり有名な作品の実写版は勇気がいることだと思う。色が鮮やかで綺麗なのが印象に残ってる。ただ、ウィルスミスの為の映画なのか?と思うぐらいジーニーがウィルスミスだった笑
あと、ジャスミンが歌った曲に関していうと、女性の権利!みたいなメッセージ性を出したかったんだと思うけど、少しやり過ぎかなぁと、、、
ずっと見たかったのです。映画館で見たかった…。昔見た、アニメのアラジンの世界…ただひたすら感動した✨ 音楽も歌も影像も良くて。
字幕で見たあと気になり過ぎて日本語吹き替えもところどころ見て、どっちも素晴らしいなって思った🙂
ジャスミン、めっちゃ綺麗だったなー☺️
最高だった。
MX4Dで観たのが最高すぎて、後日すぐまた1人でMX4Dかました。
まるでアトラクションみたい!
空を飛んでるみたい!

アラジンは歌が全部好き。
特にアラビアンナイトがいい。
エンドロールで流れるHIPHOPバージョンのフレンドライクミーも、ゼインのホールニューワールドも最高。
観終わった後幸せな気持ちになる。

中村倫也の声がとにかくよかった。男前。
6/7 tohoシネマズ渋谷 吹替
6/22 横浜ブルク13 字幕
ミュージカル調の作品。
ディズニー公式と歌詞が違うのと話が少し違うのが気になった。
動物のCGが美しかった。
ハッピーエンド。
ハッピーエンドがすき
アラジンアニメ版は何度も試聴済み。

●良い所●

字幕、吹き替え共に楽しめる

まず山ちゃん!
1番の見所はフレンドライクミーとアリアバブワかな?
初見吹き替えで観ましたが、流石の山ちゃんとしか言いようがない…本当に素晴らしい。
笑い所は勿論、ウィルスミス演じるジーニーに併せた声色やテンションを感じてワクワクが止まらないです!
衰える事なく進化していく山ちゃんを感じることが出来る作品。

キャスト。
「青いウィルスミス」は当たりだった。
字幕で見直したのは彼の歌声が聴きたいから。こちらも素晴らしかった!
彼自身がラッパーとしても活躍しているので、ボイパも良かったです。
ジャスミン役が、ここ数年で1番の美人!
広瀬アリスをより美人にして褐色肌にした感じ。
ディズニーで一推しプリンセスがアニメを超える顔面で嬉しい。彼女に関してはそこしか観てない。
ジャファーは、吹き替えのほうがしっくり来る。北村一輝さんのプライドの高そうな、セクシーで野心家な声マジでえろい。

CG。
私の最推しディズニーキャラ、絨毯ちゃん…
君が砂のお城作って振り向くシーン一生忘れない…最高に可愛いです…
喋ることが出来ない生き物や物質の感情表現は流石です…ディズニーっょぃ。
フレンドライクミー終わりに拍手を送る君も最高…
イアーゴも可愛い。対話可能とか、能力値は1番高そう。巨大化したらヘルコンドルみたいになって草。
虎、何でジャファーに消されたん…小さくなる君が観たかったよ…

色彩。
正直ディズニー実写化で1番良かった。
風景とかもそうなんだけど、カラフルで…兎に角お衣装が最高。
ジャスミンの定番の水色のドレス以外もどれも素晴らしくて、衣装纏めた本欲しいと思うレベル。じっくり舐めまわして観たい。未公開シーンのオレンジドレスもいいので、是非そこは円盤でどうぞ。
ジーニーの衣装もとってもゴージャス。
青肌やめたところでは衣装がネイビーブルーで元々の肌色を再現。
いや、そもそもランプに閉じ込められていなきゃネイビーブルーなの!?って思ったけどもw
褐色肌にはゴールドアクセサリーが似合うなと再確認。

ラスト。
ジーニーを自由にするって結末は知っているのに泣いた…
あの選択を出来るのがアラジンの「原石」たる所以かなと。


●良くなかった所●

まずホールニューワールドの吹き替えの日本語歌詞、なんでアラジンアニメ版と変えたん??????
聴いていてメロディーは素晴らしいのに歌詞に違和感しかなくてモヤつく。
原作をベースにして新しいものを作りたい気持ちは分からんでもないが、慣れ親しんだものが変わるのはね…普段カラオケで歌うので余計に嫌でした。

ジャスミンの政治的思考のアピールシーン多すぎ。
国民を思うプリンセスなのはいいんだけど、ハキーム説得するシーンとか、そもそもあの妄想の歌うシーン本当に不要。
アラジンにそういうもの求めてません。楽しいミュージカルシーンとかロマンスとか
求めてるので、いきなりジャスミンが思想を歌い始めて周りのキャストが消えてくシーン色んな意味で驚いた。ほんといらん。
まぁ確かに主人公アラジンは人間の本質とか人格的な意味でダイヤの原石かもしれないけど王になる器ではないと思うので、ジャスミンが国王ルート自体は嫌いじゃない。寧ろ現実的ではある。
そうなるとアラジンはヒモになるわけだが…ラプンツェルにも繋がる感じではある。

やたらジーニーがアラジンを「坊や」と呼ぶシーン多くない?
何を意味したくてそう呼んでるかが私には理解出来なかった。誰か教えて。
何千年と生きてるジーニーからしたら坊やではあるんだけどさ…
アラジンが嘘をつき続けるかどうかのくだりです。

ホールニューワールドのシーン
あのシーンだけ、アニメ版のほうがいい。
なんでだろう…ひとんちの窓辺から花ぶち抜いてジャスミンの髪の毛に差し込むシーンがなかったから?そんなまさか…やはり歌詞のせいだわ。

ジャスミンのお付きの人
なんで白人…?ディズニーはやはり色んな人キャスティングしなければいかんのかな…しかし違和感。

ジーニーのその後。
普通の人間になっちゃったんだよね?
それはちょっと寂しい。
続編をやるつもりがないって事だと思うのでそれはそれでありだが…
ジーニーが幸せになるならいいのかな。



色々書きましたが、ディズニー実写化映画では最高だと思います。
兎に角フレンドライクミーとアリアバブワのシーンだけでも観て欲しい。
円盤購入を検討するレベルでした!
良くなかった所多いけど、それを超える良さが沢山ある作品だと思います🙃
あれーいびえんなーしか覚えてないけど、確か素敵な物語。
アニメの方のアラジンを知っていて展開がある程度わかっていたので当初観る気はあまりなかったが、飛行機の映画リストにあったので試しに視聴。

観てみると、アニメ版で割とあっさり流されてしまった箇所が、実写版で補完されているのがわかった。

王家の宿命と自分の本当の気持ちとの板挟みの中で、ジャスミンが確かな自分の意志を確立していくさまや、アニメだとほんの数秒で終わってしまった魔人ジャファーとの戦闘シーンが実写版ではかなりの尺をとって激しく描かれていることなど、心情描写やアクションシーンがより丁寧に描かれている。

ある意味でアニメのディレクターズカット版のような感じの仕上がりで、アニメを知っている人でも、こちらはこちらで充分楽しめる内容になっていた。
>|