アラジンの作品情報・感想・評価

アラジン2019年製作の映画)

Aladdin

上映日:2019年06月07日

製作国:

上映時間:128分

4.2

あらすじ

「アラジン」に投稿された感想・評価

ご近所新世界旅

:::::::::::

大ヒット中だし、予想通りカップルか女子同士の観客ばかり。
肩身の狭いオッサンが悪い感想を書こうもんなら、妬み嫉みに思われそうだし、褒めたら褒めたで若者への擦り寄りみたいでみっともない。
思い返せば世界的大ヒットした92年のアニメ版も、子供ながらに「男友達誘って見に行く映画じゃないな」と思って敬遠してたし、まして一人で映画なんて「マジ友達いねえ奴だと思われそう」と二の足を踏んで、結局未だに見たことないんだった。

監督ガイ・リッチーてマジか。
お得意の大味風味も抑えられてて、久しぶりにガイ・リッチーのケレン味を見た。悪く言えばガイ・リッチーらしさはどこにも無くて、どっちかっつーと、バズ・ラーマン監督作みたいな豪華絢爛ブロックバスター映画みたいだ。
今やすっかりブロックバスター映画の職業監督になっちゃった。「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」や「スナッチ」のころにタイムスリップできたら「あんた20年くらい後にディズニーでアラジンの実写版撮るよ!」て教えてあげたい。

たぶん「自分が何者であるかは自分が決める」話で、自分自身を形作るのは肩書きや貧富の差ではないってことかしら。ランキングや影響力に囚われて、その外側にある広い世界を見失うとダークサイドに落ちる反面教師の話でもあったような。
ジャファーは長年努力して国のナンバー2まで登りつめたのに、強欲に負けて闇落ちしたようなキャラだけど、それくらい強欲じゃないとコソ泥から国務大臣になんてなれないんじゃ。悪人とはいえ積み重ねた努力より成果がモノを言って、王家の匙加減で法律がガンガン変えられるって、結構なディストピアだと思った。

猿のアブーと虎のラジャー、オウムのイアーゴと主要キャラクターに守護天使みたいな動物がついてて、それぞれの性格をデフォルメして擬人化(擬獣化?)してるの面白い。中でもイアーゴはノゾキ魔のチクリ魔。ノゾキやチクリが最も卑劣でゲスい行為として認識されるのって、洋の東西を問わないのね。
でもって動物たちのCGのクオリティがものすごい!
アブーの表情豊かさだったり、ラジャーの牙や毛並みの美しさとおっかなさ最高すぎる!

ポリコレ含めて全方位に気を使った結果、毒でも薬にもならないものを飲まされた気分だけど、それこそディズニー映画って気もする。
見終わってあれこれ考えれば、自分みたいな自意識が邪魔をして二の足を踏みがちな人ほど見るべき映画かもと思った。

60本目
あやめ

あやめの感想・評価

3.9
魔法の絨毯大活躍じゃん?
実写製作が発表されて、ウィル・スミスのジーニーの写真を見たときは駄作の雰囲気がしたがアメリカでは大ヒット、日本でも中村倫也や山寺宏一が吹き替え、どんなもんかと観てみた。
最初は多少の違和感というかむずむずしながら観始めたけれどあっという間に世界観に入り込んでしまって一人で笑っていた。
さすがはディズニー。
最近ディズニー映画は実写化が増えてきたがクオリティが高いのは日本のアニメの実写化製作するうで見習ってもらいたい。
ア

アの感想・評価

4.2
素敵
オザ

オザの感想・評価

3.6
やはりウィル・スミスは良いなと思った。A whole new worldも素敵でした。
ERI

ERIの感想・評価

3.5
ミュージカルを見ているよう..!
アブー可愛いすぎる
ジーニーの力って偉大だな
ディズニーは、ユーモアとロマンスの中に、人生においてどんな考え方を1mmでも持つことが必要か教えてくれる道徳的な要素があって本当にすき
AYAKa

AYAKaの感想・評価

5.0
もはやジーニーがウィルスミス役
エンドロールのKhalidも最高だった
Chinatsu

Chinatsuの感想・評価

3.8
ウィルスミス👏
RyukiTsuji

RyukiTsujiの感想・評価

3.7
3つだけ願いを叶えてやろう🤲







華ちゃんを幸せにできますように✌︎
AgentJ

AgentJの感想・評価

3.0
吹替、不安に思っていたけれど…

旧吹替のアニメ版が好きすぎて、新吹替のアラジンですらちょっと寂しく思っていたのだけど…
(新吹替もとてもいいけど、聴き馴染みの問題ですね)
今回は台詞やビジュアルが変わったおかげか、割とすんなり楽しめた。

フレンドライクミーやアリ王子のパレードシーンはアニメよりミュージカル感があって好き!
あと衣装!アニメは細かい模様までは描いてないけど、あの柄いっぱいの衣装はゴージャスでいい。
>|