MAIKO

七つの会議のMAIKOのレビュー・感想・評価

七つの会議(2018年製作の映画)
3.0
熱い働く男たちの姿を描いたら右に出るものはいない池井戸潤の「七つの会議」を野村萬斎主演で映画化。もとエリートサラリーマンで今はぐうたら社員のハッカクこと八角(やすみ)の周りで奇妙なことが起こり出す。なぜか会社はこのぐうたらをかばうのだ。「何かおかしい」と感じた女子社員の浜本は課長の原島と共に、会社がひた隠しにする秘密を探る。

鑑賞前はまたTHE池井戸作品なんでしょ?なんて思っていましたが、予想と少し違っていました。

一社員が巨大な組織(今回は会社でしたが
)に立ち向かう構図や、香川照之のドアップ怒号シーンなどの“お約束”はまさに池井戸作品でしたが、夢を追いかけて人々に感動を与えるという感じではなかったです。北大路欣也の別格感はいろいろな意味ですごい。。。

ただ誰もが多かれ少なかれ社会人になって感じる会社への疑問や不満が、この作品を通して浮かんでくるように感じました。

鑑賞後、後ろの席から「うちの会社の全員が観た方がいい」という女性の声が聞こえてきました。きっといろいろあるんでしょうね。