七つの会議の作品情報・感想・評価

「七つの会議」に投稿された感想・評価

daiki

daikiの感想・評価

4.9
はい!サラリーマンの心に突き刺さる映画!!

会社は何のためにあるのか?

社長は何のためにいるのか?

組織、ノルマって何なんだろう?

見終わった後、??が反芻されました。

特に最後の野村萬斎の言葉は鋭いコメントすぎて帰って即メモメモ。

会社-軍-藩ときて、結局日本の会社文化っていうのは、御恩と奉公で成り立ってる封建社会の残骸というか遺伝子が脈々と受け継がれてるんだなぁと。ハッとさせられました。

映画の内容としては、どんでん返しどんでん返しの繰り返しで、何とも飽きさせない内容。ほんと2時間なんてあっという間。

私も営業してるので、序盤の営業会議で詰められるシーンは響きましたね。ミッチーのように吐くまではせんけど。

会社を存続させるために、ノルマノルマノルマ、できない人間はクズ!そのノルマに対応するため不正!そして、被害を受けるのは消費者!社長や親会社は知らんぷり、全部現場でやったんだから私たちは関係ない!

何のために会社ってあるんでしょうね?

何のために社長っているんでしょう?
サラリーマンに送る物語。
日曜日のあの枠でお見かけする俳優陣のオンパレードで面白かったです。
サラリーマンをやっている身としては、いろいろ思うところがありました。
最後のところも考えさせられました。
朝倉あきちゃんが可愛くて、この映画の中心でとてもよかったです。
にく

にくの感想・評価

2.3
萬斎wwww立ち方おまwwww
日曜劇場大全開
メルヘンファンタジーランドの住民にはちょち退屈
電気羊

電気羊の感想・評価

3.5
池井戸版アベンジャーズ爆誕!
組織の闇を暴く為、サラリーマン達が目に見えない不正と戦いを繰り広げる。
数々のドラマを賑わせたベテラン豪華メンツ、そして狂言の野村萬斎の熱演が素晴らしい。緊迫の会議シーンは張り詰めた空気感に満たさせる。
最後の最後まで痛快なエンターテイメント!
野村萬斎の存在感はすごいです。スカッとしました。
ayako_14

ayako_14の感想・評価

4.0
役者の演技がひたすらに光る作品だった。ここに出ている人みんなすごいけど、特に野村萬斎は八角の色んな顔を見せてくれてこちらもその分だけ考えを及ばせられて見応えがあった。及川光博のキャラクターも面白かった。
終盤の御前会議はザ大御所の集まりって感じだったけど、あの中だと橋爪功もヘコヘコしちゃうのかーとか、やっぱりドンになるのは北大路欣也なんだなとか思えて楽しく観られました。香川照之の池井戸作品における安定感もさすが
弊社の会議と酷似でした。
八角さん最高です。
自分の意思なく会社の歯車に
なってはいけませんねぇ。
Moll

Mollの感想・評価

3.5
野村萬斎さんが、さすがです!

岡田浩暉さんの怪しさ、藤森慎吾さんの軽さ、土屋太鳳さんの健気さ‥等々
見どころはたくさん。
配役に違和感なかったことは嬉しい。

香川照之さんの顔芸は今やもう
いろいろなところでお馴染み過ぎるので、
違う観点からでもこの作品を楽しめる‥‥はず。

ストーリー展開はおよそ予見できてしまうため、顔芸作品としてこのスコアで。
ABC

ABCの感想・評価

3.5
各登場人物の本当の姿が徐々に明らかになっていくのが面白かった。豪華な役者陣の演技で飽きずに見られた。
表情筋を楽しむ映画
池井戸と香川照之のコラボはまぁ、まず間違えない
>|