七つの会議の作品情報・感想・評価

「七つの会議」に投稿された感想・評価

Keishi

Keishiの感想・評価

5.0
池井戸潤天才やなぁ。資本主義だから権力争いはどこでもあるし本来それが効率性を高めるはずなのに、人の命に間接的にしか関わってないからかプロフェッショナリズムが低下してて、パワハラとかの影響もあって、不正しやすい体質を作ってるんやなぁ。

キャプテンマーベルのネコもそうだけど今回はドーナツがいい味出してる。ドーナツだけに。仕事でもヒトだから感情面が存在する。下町ロケット見たばっかだったからもあるけど池井戸潤作品の共通出演多いな笑
舞台映画やね。
野村萬斎のニヤアが謎の迫力があって面白かった。

不正がテーマになってるけど、もうなんかそもそも根本的に仕事のあり方として、組織のあり方として古すぎて、、
ほんとにこんなもんなんですか?世の中。
ほぼ、日曜劇場の池井戸ドラマキャスティング。
上映開始5秒からエンドロール後まで、全て面白かった。

日本の企業が抱えうる闇を描いていた。
個を犠牲にして組織の成長に命をかける日本人特有の考えが、間違った方向に行くときもある。
堂々たるキャスト。観るのに集中力がいる
サワノ

サワノの感想・評価

3.6
原作面白いんだけど、この映画、なぜかチープになってるなぁ、、
浜本さんも原島さんも暇過ぎない?
坂戸さんは可哀想だね。擁護は出来ないけどね。
そして、もし日本メーカーが今もこんなんなら、遅かれ早かれ皆自滅するなって思って、悲しくなった
mio

mioの感想・評価

3.7
サラリーマンって大変だよねえ😫色々とサラリーマン社会を風刺してくるのが、ぐさっときた。
サスペンスのようで、すごく引き込まれる。
その一方で日本社会?の持つ難しい問題を扱っていて良かった。
最後にはその問題の答えも言ってくれる優しさ。笑
タヘ

タヘの感想・評価

4.3
豪華過ぎる俳優陣に圧倒されたのか、ストーリー展開に圧倒されたのか、とにかく圧倒された作品

自分にとってスケールの大きい話に聞こえるようで、すぐそばで起こりうると考えると一つ一つのセリフの印象が変わってくる

ゼノックスはあまり良いイメージで終わらなかったのに社名を貸したと思われるゼロッ◯スの懐の深さに拍手
>|