七つの会議の作品情報・感想・評価・動画配信

七つの会議2018年製作の映画)

上映日:2019年02月01日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「七つの会議」に投稿された感想・評価

qudan

qudanの感想・評価

3.5
池井戸潤の原作なのでストーリーは安定しておもしろい。
演出は半沢直樹メソッドを押し進めすぎて誇張が多く、もはやコミカルな印象。

個人的にはもっとシリアスで重苦しい雰囲気が好みだが、エンターテイメント的にはこの演出が正解なのかな。
mc

mcの感想・評価

-
ちょっとずつ繋がってく感じが面白かった!フィクションで良かったと思うお話。
勝沼悠

勝沼悠の感想・評価

4.0
 優秀な課長がダメ係長にハラスメントで訴えられたら左遷された? 社内ではなぜ?と不思議がられるが、このダメ係長の周りでは次々と不思議なことが起こり。。。

 これは落ち着いて見れる『半沢直樹』なのではと思ったら原作は池井戸潤で監督も同じ人なのか。半沢ちゃんと見てないが、こっちの方がいい作品なのではないかと勝手に思う。
 野村萬斎の存在感と声の張りが素晴らしい。彼と朝倉あきがいるから成立している映画でもあるなぁ。。。

 『半沢直樹』好きな人は見るべし。
たkako

たkakoの感想・評価

3.0
amazon primeで見た
最後の野村萬斎の言葉が怖かった。
工業製品は日持ちするから怖いね。
物を投げまくる映画
ぐうたら係長野村萬斎が中堅企業の不正を内部から暴く話
狂言師・歌舞伎役者・落語家の俳優が出揃い、大仰な演技が格好よく、そして顔が近い

主役の野村萬斎はエグいくらい肝座ってる飄々としたヒーローだった
彼はよく長椅子に寝っ転がってドーナツ食べてるんだけど、だんだん押し入れでどら焼き食べてるドラえもんに見えてくる
ミッチーは一応野村萬斎の上司なのに何も知らされてなさすぎてかわいそう&面白くて、シリアスなシーンが多い中の癒し要素だった、瞬時にゴミ箱を探す能力にも長けている
事務の女の子に社内のあらゆる情報が集まってきてるのがやけにリアルだった

責任の所在がコロコロ移り変わる会議のシーン面白い!
そして勤続何十年のおじさんが同期と本音で話すシーンは最高に渋かった
野村萬斎がずっと真っ黒のスーツを着ていて、その寂しさが似合ってた

池井戸潤原作の映像作品は初めてだったけど、日本のサラリーマンにとってのマーベルみたいな印象
八角さんのイメージが違ったけど、だんだん慣れてきた!

話はとても面白い。
たく

たくの感想・評価

4.4
半沢直樹で有名な池井戸潤の作品。
半沢直樹を観たことなかったけど、今回視聴しました。

…めちゃ面白かった。

大企業での陰謀・隠蔽をここまでエンタメにできるなんて

野村萬斎の役所が面白い。
一見、サボるし変なこと言うしで変人だと思ったけど、彼のいうことはなぜか通ってしまう不思議な力と言語力があった。
そこには、過去の苦い経験から、絶対的な信念があった
それゆえに、めちゃくちゃ魅入ってしまいました✨

他の池井戸潤作品も見てみたくなりました👀
最初から最後まで全て作品にのめり込んで見れた。それくらい面白かった。

これを見るとサラリーマンが抱えるストレスとか圧力とか主婦には分かり得ないけど、吉田羊演じる元妻は素敵だったな

企業務めじゃないから、横領とか癒着とか勉強になった。ただ恐怖からくる圧力に従うんじゃなくて、ほんとに尊敬できる人に付きたいよね
ゆか

ゆかの感想・評価

3.0
会社員として考えると、?と
思う状況もあって、少し気になったが、
それを勝るキャストの豪華さと演技に
圧倒された。
見ててワクワクした
>|