七つの会議の作品情報・感想・評価・動画配信

七つの会議2018年製作の映画)

上映日:2019年02月01日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「七つの会議」に投稿された感想・評価

(10点満点)
ストーリー 9
キャラクター9
キャスト  10
映像    8
音楽    8
世界観・設定 8

野村萬斎がすげえ
ありそうな話をリアルにテンポ良く描いてて観てて飽きなかった
原作が面白いのか、豪華役者陣もキャラを立てまくっていたのか。
野村萬斎さすがやでェ。
朝倉あき可愛すぎ。
Q太郎

Q太郎の感想・評価

4.2
面白いと同時にサラリーマンとして胸が痛くなる作品。

少し前に頻発していた企業の偽装問題。エアバッグのリコール問題なんかと重なるところがあります。

問題の根っこは厳しいノルマや納期問題など、しっかりルールを守る事よりも優先しなければならないと思ってしまう日本の企業文化。誰でも問題の大小はあれど直面した事があるのではないだろうか。

キャストは超豪華です。ちょっとしか出演シーンがない役にこれでもかと出てきます。日曜劇場常連メンバー総出演って感じです。北大路欣也なんて同じ役?って感じ。

野村萬斎の所々時代がかった台詞回しも後半にはクセになってくる⁉︎お前さん、なんて誰が言うのって(笑)

最後はスカッとする池井戸ワールド全開でとても楽しめました。
かずき

かずきの感想・評価

4.0
日本で働く会社員には見て欲しい。。。
映画としてはテンポが良くて見やすいです
EDM

EDMの感想・評価

3.5
野村萬斎絶対サラリーマンじゃない。前半が視点をコロコロ変えすぎてふんわりしちゃってたのが勿体ない。
歌舞伎役者すげぇ、、、
日系企業に勤めてない人は、嘘みたいな話しかもしれないですけど、割とあるようなことをら大袈裟に描いていて面白かったです。

ドロステもでてた、朝倉あきさんが別人で気付かなかったけど、どっちも可愛い
pon

ponの感想・評価

4.0
ドーナツの盗難から、大きな汚職まで、テンポがよく見ていて飽きない。池井戸作品に出ていた役者がばんばん出てきて、おもしろい。優しくて気の弱い原島課長大好き。エンドロールの、なぜ汚職が起きるのか?の話は、日本人の昔ながらの気質について話していて、なるほどと思った。
ふく

ふくの感想・評価

4.2
野村萬斎がカッコいい。映画で観たのは『陰陽師』ぶりでしたが、飄々とした役も口上述べるところもめっちゃよかったなあ。

他キャストはどうしても半沢直樹がチラつきますが(笑)、鹿賀さんや橋爪さんら名俳優も出演しててトータル演技力高かったです。あと朝倉あきさん可愛かった。

ストーリーとしては、いわゆる池井戸作品の王道な感じなので細部でリアリティ薄いところもありますが、作品の格となる部分は、どの会社でも起こり得るんだろうな(現にニュース等で報道されてますし)
2時間で綺麗にまとまってるのもgood

とりあえずドーナツ食べたくなりました笑
keikun99

keikun99の感想・評価

4.0
予備知識なく視聴しました。

最初はパワハラ満載のブラック企業で、一人反旗をひるがえし
戦っていく映画かと思いましたが、それは物語の入り口で、そ
の奥に深い闇があるというものでした。

登場人物の演技が素晴らしく濃くて視聴価値ありです。それと
会議でのつるし上げ、不倫、足の引っ張り合いなど、組織の
アリアリが多々あるので、サラリーマンには特におすすめで、
感情移入しやすいと思います。
Shuto

Shutoの感想・評価

3.5
商品のせいにするな
どんな商品にも売りはあるんだよ
それを徹底的に売り込むのがお前ら営業
>|