Diner ダイナーの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

Diner ダイナー2019年製作の映画)

上映日:2019年07月05日

製作国:

上映時間:117分

3.4

あらすじ

「Diner ダイナー」に投稿された感想・評価

幼い時のトラウマから誰も信じられなくなり、いつしか自分も信じれなくなって、すっかり居場所をなくしていたオオバカナコ。30万円即金のバイトを申し込んだことがきっかけで、殺し屋専用ダイナーのシェフ《ボンベロ》と出逢う。元凄腕の殺し屋だったボンベロと過ごす日々の中でカナコは次第に自分と向き合っていき、大切なことに気付いたのだった―――居場所は自分で作るものだ、と。

■感想
予告編では想像がつかないほど、メッセージが強く、例えば「望みが満たされないことが生きる意味になってる人もいる(中略)誰に提供するのか、それだけを考えろ」など、心に刺さるものが多かった。またボンベロのカナコを守ろうとする一面も垣間見れて、泣きそうになったことが何度かあった。見て良かった。
マンガでは見たことあったので、どんな作品に仕上がっているのか楽しみでした。藤原竜也はやっぱり演技上手いなぁと感じました。
Dera

Deraの感想・評価

4.0
あの原作をどうやったらこんな風に具現化できるのか、と。
蜷川実花天才かよと思ったし、自分の凡人具合をまざまざと痛感させられた感じ。
賛否両論ありすぎて皆さんのレビュー面白いけど、近年の邦画で一番好きだった
記録用

玉城ティナがかわいかっただけ
ming

mingの感想・評価

3.2
結構なアクション、蜷川美香の世界
女の子が自分の意思を持って人生を切り開いていくことの重要性が主軸になって描かれている。
やりたいことをみつけて頑張る、青春!みたいなキラキラしたものではなく、女の子だからこそ、主体性を持たなければ簡単に悪い人間の餌食にされてしまうんだ、という生々しい怖さがメッセージとして伝わってくる。夢を持って頑張ってる女性に向けて、というより主人公のカナコのような、無気力で流されやすい女性に向けたメッセージかも。
蜷川監督は女性の強さも弱さも可能性も理解している、「女の子の神様」だなという印象を受けた。
chachacha

chachachaの感想・評価

3.1
THE 蜷川 映画
どる

どるの感想・評価

3.0
玉城ティナかわいい
m

mの感想・評価

4.5
映画を見て久しぶりにドキドキした。
スピード感があってこっちを休ませず着いてこい!って感じがあった。カメラのアングルなど演出がさらに迫力を出してて良かった。
世界観という言葉よりもはやその世界なので、わざわざ世界観を褒めるのは違うかなってなる。美術最高です。
8

8の感想・評価

3.3
真矢みきのかっこよさに痺れた。
>|