Diner ダイナーの作品情報・感想・評価・動画配信

Diner ダイナー2019年製作の映画)

上映日:2019年07月05日

製作国:

上映時間:117分

3.3

あらすじ

「Diner ダイナー」に投稿された感想・評価

幼い時のトラウマから誰も信じられなくなり、いつしか自分も信じれなくなって、すっかり居場所をなくしていたオオバカナコ。30万円即金のバイトを申し込んだことがきっかけで、殺し屋専用ダイナーのシェフ《ボンベロ》と出逢う。元凄腕の殺し屋だったボンベロと過ごす日々の中でカナコは次第に自分と向き合っていき、大切なことに気付いたのだった―――居場所は自分で作るものだ、と。

■感想
予告編では想像がつかないほど、メッセージが強く、例えば「望みが満たされないことが生きる意味になってる人もいる(中略)誰に提供するのか、それだけを考えろ」など、心に刺さるものが多かった。またボンベロのカナコを守ろうとする一面も垣間見れて、泣きそうになったことが何度かあった。見て良かった。
ラルフ

ラルフの感想・評価

2.8
原作も知らなくてタイトルとあらすじに引かれて観たんだけどなんかハチャメチャでよくわからない映画だった。


ただ安定の藤原竜也感だけが印象に残る作品。
原作ファンは見るべきではないと思う
俳優の退場が早く無駄遣いではと思う部分も
結末が一番、「これはdinerじゃない」と思った部分…
原作無視にも程がある
色彩と俳優は本当に良い
なぜこの内容になったのか
あと本郷奏多の酷さ
最初の映像からして好き。発想が蜷川実花。AMIAYAが出ていて吃驚した。たまやん演技凄いな、正直舐めてた。着替えたティナちゃん流石の可愛さでその調子で全世界にマウント取ってほしい。
窪田正孝格好いいにも程がある。存在が格好いい。カネキくんを彷彿としてしまうけど、それも含めて。
藤原竜也は言うまでもない安定の演技の素晴らしさと存在。
流石蜷川実花、ビジュアルの崩壊と渋滞。
たまやんカラダをたくさん張っていてそこもすき。
本郷奏多はCGで小さくなったのか。
スキンが狂うシーン好きすぎてしんどい。美しい。かなこ可愛い。
そして確かに小栗旬の最大のムダ遣い。笑
でも存在感はピカイチ。
奥田瑛二も渋くて格好いい。やっぱりベテラン俳優がいると締まる。そしていち俳優さんとして言うまでもない素晴らしさ。
真矢みき格好良すぎ。ねーさん、声の出し方イカしてる。土屋アンナイかれてて流石。こんな人と握手したと思うと震えるね?ぶっ殺すのささやき、素敵です。
あと蜷川実花作なのにレストランの裏側はシンプルで質素で地味なのも良い。色彩のコントラストと現実味。

要するに惹き込まれた。この世界観大好き。本当に好き。邦画の概念ぶっ壊してて退屈じゃない、でも下らない。しかし、映画とは?人を魅了できた時点で勝ち。

やはり蜷川実花は怪物だ。
ao57577

ao57577の感想・評価

3.5
ジャンルは少女マンガです。嫌いじゃない。

2020.47
泣けました
arm

armの感想・評価

3.6
画面がずっと綺麗だった。
ヘルタースケルターと同じ、蜷川実花だなあという感じ。東信の花の配色や飾り方が蜷川実花の独特なセンスと相まってすごいよかった。

キャラクターひとりひとりに個性があって、みんな好きだった。内容云々よりは魅力的なキャラクターと美麗な映像のためにあるような映画だと思った。
映像が凄く綺麗。ストーリーは良い意味でも悪い意味でも期待を裏切らない
りえ

りえの感想・評価

1.8
映像はとても綺麗。キャストも豪華。ただそれだけ笑 色々と理解できないところがある
>|