Diner ダイナーの作品情報・感想・評価

Diner ダイナー2019年製作の映画)

上映日:2019年07月05日

製作国:

上映時間:117分

3.4

あらすじ

「Diner ダイナー」に投稿された感想・評価

幼い時のトラウマから誰も信じられなくなり、いつしか自分も信じれなくなって、すっかり居場所をなくしていたオオバカナコ。30万円即金のバイトを申し込んだことがきっかけで、殺し屋専用ダイナーのシェフ《ボンベロ》と出逢う。元凄腕の殺し屋だったボンベロと過ごす日々の中でカナコは次第に自分と向き合っていき、大切なことに気付いたのだった―――居場所は自分で作るものだ、と。

■感想
予告編では想像がつかないほど、メッセージが強く、例えば「望みが満たされないことが生きる意味になってる人もいる(中略)誰に提供するのか、それだけを考えろ」など、心に刺さるものが多かった。またボンベロのカナコを守ろうとする一面も垣間見れて、泣きそうになったことが何度かあった。見て良かった。
賛否両論ありますが、私はよかったと思います。色使いがとても綺麗でしたし、窪田正孝がイケメンすぎました。
marui

maruiの感想・評価

2.0
役者の無駄遣い感が否めない。
なめ

なめの感想・評価

3.9
いや~非常にスコアを付けづらい。
キャラ紹介がちょっと寒いのと、アクションのつなぎが悪いのと、菊千代のCG感が気になったくらいで全体的にぶっ飛んだ感じがめちゃくちゃ面白かったんです。

で、なんでお悩みかというと原作を読んでしまったから。普段読書をしないからかもしれないけど、この原作がまた凄まじくて。特に最終章なんか斜め上すぎてもう訳が分からない(誉め言葉)。平山夢明さんの著書は全制覇したい気分になってます。

映画が原作を超えられないのは当たり前だけど、独自の振り切り方をしてるので、もう一度観たいかと問われれば「観たい」です。

この映画からの学び
・映像化された小説は、たぶん全部面白い!
・読書って楽しい!
・原作付きは映画から観るべし!(小説を先に読んでたら、キャラ改変がすごすぎて暴れる)
かっこいい
木木木

木木木の感想・評価

4.0
めちゃおもろかった。
でも、蜷川実花さんは人間としては素敵な人で好きだけど、映画監督にしてはビジュアルに力入りすぎてて、肩凝っちゃうなって印象があります。
ほかの映画じゃみれない美しさではあるけど、、、本人のおっしゃる通り、スタッフや俳優に助けられてる感じは伝わる。
アクションありサスペンスありで、とても私の好きなジャンル。
エンディングも綺麗だったし、なによりメンツと画がきれい。
mikan

mikanの感想・評価

1.7
玉城ティナちゃんは可愛かったが、正直演技が下手だったので残念だった。本郷くんも好きな俳優さんではあるが少し無理があった...。内容自体も原作をまとめるのは大変だと思うが、個々のキャラクターの個性を生かしきれてない感じ。特に幹部の人たち。映画館で見なくてもいいかな。
ちい

ちいの感想・評価

3.5
見どころは、言わずもがな蜷川ワールドの美しさと役者さん達の演技力かな?

役者の無駄遣いに感じるところもあって、友情出演か?とか思っちゃった。

女の子の名前知らないけどすごい可愛かった!
あと窪田正孝さん今まで特に好きじゃなかったけどこの映画を観て惚れました!

と言うことで、私は個人的には結構好きな映画です。
>|