Diner ダイナーの作品情報・感想・評価・動画配信

Diner ダイナー2019年製作の映画)

上映日:2019年07月05日

製作国:

上映時間:117分

3.4

あらすじ

「Diner ダイナー」に投稿された感想・評価

豪華絢爛窓辺系

:::::::::::

日払い30万円の怪しいアルバイトに手を出したばかりに闇の組織に身売りされてしまった少女オオバカナコ。元殺し屋の天才シェフ・ボンベロが営むダイナーでウェイトレスとして働くことになる。全身傷だらけの孤高の殺し屋スキンや、子どものような姿をしたサイコキラーのキッド、不気味なスペイン語を操る筋肉自慢の荒くれ者のブロら、ひと癖もふた癖もある殺し屋たちが次々とやって来て……。

:::::::::::

平山夢明ファン。映画化に際して未読だった原作を読破。
予想通りというか、当たり前というか映像化不可能な凄惨なグロ描写が多い作風なので、かなりマイルドな描写に止まってた。

平山先生といえば、話すことの半分がホラで残りがウソみたいな人で、面白い物語のためなら親子供も地獄に落としかねない狂人ぷりと裏腹に屈託無く無邪気に笑って話す悪魔的魅力のクリエイターのイメージ。
昔泥酔したままラジオの生放送に誘われるまま出演しちゃって、何故か当時大ヒットしていた「崖の上のポニョ」を観てないのに大絶賛。褒める内容も「何がすごいって、俺モノ書きだけど『崖』って漢字で書けねえ」「ポニョがグニョグニョニチニチって変身するのが良かった」とデタラメで面白かった。

ことほど左様に、デタラメかつ露悪的とも言えるほど人間の醜悪さや卑近さを、神の視点からドライに突き放して描く筆致こそ平山夢明の真骨頂。今作だと、なんだかよく分からんが超美味そうなボンベロの料理の数々と、ド凄惨なグロ描写の対比がキモ。生と死の境界線にあるようなダイナーで繰り広げられる密室劇がどう映像化されるのか楽しみにしてた。監督・蜷川実花だし、予告編の超お耽美な赤々とした世界観がカッコよく期待値高い。

期待に違わず、実際どのシーンを切り取っても絵になるカッコよさ!横尾忠則の壁絵も相まって和製バズ・ラーマンかっちゅー勢いで絢爛豪華。キラキラピカピカ✨
悪く言えば、ストーリーが存在しなくて延々と「〜っぽい」映像を見せられているよう。
特に大事な料理そのものがインスタ映え重視したような、味の想像が一個もつかない。ボンベロが天才シェフかつ元殺し屋って設定がセリフで説明されるだけで、映像や物語で語られない。
フード理論者には、最後までボンベロが何も食べないので「正体不明者は食べない」の法則になってしまって、最後まで心を開かない・腹の底が見えない不審者になってしまった。カナコと絆を深める件もなければ、カナコの何がボンベロを改心させたのかも不明瞭だし、ラストシーンの説得力もなくなっちゃった。

絢爛豪華な映像美の世界ではあるものの、枝葉の要素が豪華すぎて話の本筋がなんだったのか、そもそも本筋があったのかわからない。
厨二病をこじらせた少女の窓辺系ポエムの世界で正直苦手😩
観客が世界観に乗り切れないうちに、物語がズンズン進んでしまって置いてけぼり。一つ一つの要素がクライマックスに結びつかずに、何見せられたんだかよく分からない。

(窓辺系:人づきあいが苦手でクラスや職場で孤立してる主人公が、旅を通じていつの間にが元気な事になって帰ってくる話 or 理知的な年上男性に見初められて承認欲求を満たす話)

窓辺系の問題点の典型例を詰め込んだような映画で、主人公が極端に内向的で問題解決のための具体的な行動を取ることがなく、個々のエピソードが「点」のまま「線」として物語の軌道が立ち上がらない。にも関わらず、いつのまにか主人公が変化・成長したかのように描かれてしまう。

ボンベロにしても「俺はここの王だ!ここでは砂糖の一粒まで俺に従う」とか言いながら、カナコ以外誰も全然従ってくれないし、コフィら幹部連中には普通にヘーコラしてて笑う。

「時計じかけのオレンジ」な武田真治、「マトリックス」なガンファイト、「レオン」ぽいラストシークエンス……好きなんだろうけど、オマージュがチープすぎて悪ふざけに見えてしまった。



不満は多いけど、観終わって2時間くらい経ったら平山夢明の世界観が窓辺系厨二少女ポエムの世界に変わっちゃってるのが可笑しくて可笑しくて🤣 (揶揄でなく)原作読んだ人や平山夢明ファンほど楽しめるかも! かつて一度も映像化に成功したことがない平山夢明作品群の中で、死屍累々の山の頂きを飾る作品として華々しい輝きを放ってるかも!?

64本目
アキ

アキの感想・評価

3.7
色鮮やかな映画。
独特な世界観があり面白かった。
最後のシーン、なんだか救われた。
あぶを

あぶをの感想・評価

3.2
希望が叶わないことが生きる希望になっている人間だ。
この人は花びらすきね、よく散らすね。

 死に方が(女性は特に)綺麗。
 花が舞う。

 窪田正孝は尊い。

 ストーリーは登場人物のPV感。

 映像美という点で楽しめれば
 この映画はいいのかな。
まろん

まろんの感想・評価

3.8
今までの藤原竜也さんの作品の中で1番かっこいい!
惚れてしまう!

監督さんの作品でわたし的にこの作品が1番お気に入りかも!
ん〜、どこか惜しい感覚が残る作品でした。決して面白くないわけではなく‥
恋愛要素は必要なかったと個人的には思いました。

殺し屋専門のダイナーって設定はすごく面白かったし、そこに訪れる殺し屋たちは個性豊かでこの先どうなるのか?ワクワクしました。

誰がどれだけ強いのか?強さのバランスがわからない感じが良かったし、料理も色彩も綺麗で楽しかった。何気に出演者豪華やし笑


ただ、ボンベロはもっと冷酷なやつじゃないのか?元殺し屋で前回のウェイトレスも死んでるのになぜ玉城ティナだけは、少し特別なのか?

ボンベロという1人の元殺し屋、天才シェフの筋が通った展開を観てみたかった感は否めません‥

菊千代が1番まともに見えた 笑
最後のボンベロがジェダイに見えた笑
nonta

nontaの感想・評価

2.7
映像は綺麗かもしれないけど…
全くストーリー見せる気ない
何がしたかったの
この子の闇も、何も見えてこない
美しい映像が見せたいだけの映画?
にしても、CGはひどいし…


正直、見て後悔
ゆいち

ゆいちの感想・評価

4.3
世界観もキャストも雰囲気があって凄く引き込まれた!
アクション映画として見るのは凄く良い!!
強いていうのであれば、メッセージ性っていうのが薄く、伝わりづらいのかなと思いました。
藤原竜也 素敵💕
玉城ティナ良き
y

yの感想・評価

3.8
世界観に惹かれて観たが期待していた以上に世界観や音楽がドストライクで終始飽きなかった。キャストもすごく豪華でみんな殺し屋だけどかっこよく見えてしまった。
かなりグロテスクなので血など苦手な人は観ているのが辛くなるかも。
ストーリー的にも十分満足できる内容だったと思う。藤原竜也や玉城ティナの感情の変化がわかりやすく表現されていて、最後は思わず感動してしまった。
現実にはない世界だからこそドキドキワクワクしながら楽しめる作品だと思う!
>|