Diner ダイナーの作品情報・感想・評価

Diner ダイナー2019年製作の映画)

上映日:2019年07月05日

製作国:

上映時間:117分

3.4

あらすじ

「Diner ダイナー」に投稿された感想・評価

葉月

葉月の感想・評価

-
ストーリーとか展開は薄め。もっとバトルロワイヤルかと思ってたけどちょっと違った。やけど、映像美、造形美、顔面偏差値高いという感じの蜷川さんらしい映画。死に際の花の演出は本当にキレイ。ちょっと疲れるけど、それもまた醍醐味。玉城ティナちゃんのメイド服かわいい。似合い過ぎる。ありがとう太もも!さすがの男役、真矢みき様。ほかの宝塚出身の方々を率いてレジェンド感ハンパない。本郷くんもさすがの狂気。キーアイテムのディーヴァの製作が名和晃平さんだった!
蜷川さんの映画のパンフレット(写真集)はゲット必至なのに売り切れててまじで萎える。
りさ

りさの感想・評価

4.0
スキンかっこいい
mizumaru

mizumaruの感想・評価

3.0
前から2列目で初めて観たから
もう酔っちゃって酔っちゃって
途中から頻繁に目を閉じてしまった

だから、もう一回観たいと思ってる。
マンガでは見たことあったので、どんな作品に仕上がっているのか楽しみでした。藤原竜也はやっぱり演技上手いなぁと感じました。
Dera

Deraの感想・評価

4.0
あの原作をどうやったらこんな風に具現化できるのか、と。
蜷川実花天才かよと思ったし、自分の凡人具合をまざまざと痛感させられた感じ。
賛否両論ありすぎて皆さんのレビュー面白いけど、近年の邦画で一番好きだった
記録用

玉城ティナがかわいかっただけ
ming

mingの感想・評価

3.2
結構なアクション、蜷川美香の世界
女の子が自分の意思を持って人生を切り開いていくことの重要性が主軸になって描かれている。
やりたいことをみつけて頑張る、青春!みたいなキラキラしたものではなく、女の子だからこそ、主体性を持たなければ簡単に悪い人間の餌食にされてしまうんだ、という生々しい怖さがメッセージとして伝わってくる。夢を持って頑張ってる女性に向けて、というより主人公のカナコのような、無気力で流されやすい女性に向けたメッセージかも。
蜷川監督は女性の強さも弱さも可能性も理解している、「女の子の神様」だなという印象を受けた。
chachacha

chachachaの感想・評価

3.1
THE 蜷川 映画
カヨ

カヨの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

これぞ蜷川実花!
美の暴力。どのシーンを切り取っても絵画。強烈な美。美。美。
すべてが美しい映画。
観終わったあと自分の顔面に絶望した…。

ラストのメキシコのシーン。2人が出会うところまでは描かなくてよかったかな?と思う。突然ラブストーリーになったので、びっくりした。
>|