Diner ダイナーの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

Diner ダイナー2019年製作の映画)

上映日:2019年07月05日

製作国:

上映時間:117分

あらすじ

「Diner ダイナー」に投稿された感想・評価

Nyao

Nyaoの感想・評価

2.6
泣くだけのヒロインに少し苛立ちました。藤原竜也はかっこ良かったです。
ラストももう少しほしかった..
Ketchup

Ketchupの感想・評価

3.5
方向性がハッキリしていて、コンパクトにまとまった中で画面の見応えもあり良い映画だった。やっぱりこういう限られた空間の中だけで完結する映画は上手く作ればハマるものがある。豪華な俳優陣が出てきては、みんなバッタバッタ殺されていくのがスッキリ後腐れなくて良かった。窪田君とかのシーンは儚くて素敵とおもう。
藤原竜也が好きで藤原竜也作品は全て観ている。蜷川美花も大好き。だけど、所詮写真家の映画。キャストの無駄遣い。写真集作品。
美月

美月の感想・評価

-
何がテーマなのかさっぱりわからないし、世界観についていけなかった。見終わった後にポカーンとする映画
蜷川実花監督作品の中では1番面白いです。
『カイジファイナル』の藤原竜也の演技が完全に本作品に引っ張られてます。
まさかのラブロマンス!映像美で圧倒されてしまうー。藤原竜也のこと初めてかっこいいと思った
4413

4413の感想・評価

2.0
「映像化に期待がかかっていたが…」

 原作から漫画と人気のある作品の実写化ですが、日本の限界ですかね、どことないコスプレ感が否めませんでした。

 しかしながらやはり監督が美術に長けているだけあって、セットや料理の怪しく妖しいサイケデリックな雰囲気は一見の価値があると思います。

 
rurucca

ruruccaの感想・評価

2.8
映像は綺麗。そこはさすが蜷川実花。キャスト陣も豪華。でも展開が予想できちゃうストーリー。なんかセリフとかがクサイ感じ。少女漫画っぽい要素もいらない。真矢みきと土屋アンナは役が似合ってた。
aiko

aikoの感想・評価

3.5
映像美と藤原竜也の演技が素晴らしい
もえぎ

もえぎの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

以前に原作を読んでいた作品。
蜷川実花が監督と聞いて少々不安もありつつ鑑賞。

配役、冒頭の謎の演出、設定の纏まりの無さが蜷川実花らしいぶっ飛び方。(不安的中)

藤原竜也のボンベロはまだ許せたものの、カナコが玉城ティナっていうのが最後まで納得出来ず。
井上真央とか木村文乃とか、もう少し年齢は高めにして欲しかった..

ディーバのビジュアルが悪趣味過ぎてガッカリしていた中、菊千代とスキン(だけ)は忠実に再現されていた気がする。
スキンの絶望感と幸福感が1度にやってくる演技は、窪田正孝以外にいないと思うほど。

原作で登場する炎眉が時間的な問題か、登場しなかったのが残念。
そのせいでいつのまにかボンベロとカナコの要らないラブストーリーにすり替わっている。

カナコの苦悩やボンベロの動揺が伝わらないので、何故そこでそうなる?と思ってしまった。

ラストシーン、死者の日にボンベロと菊千代が訪れてくるのは、生きているのか、それとも、、な終わらせ方はとても好き。

最後に、Dinerなのに終始料理の見た目が全く食欲をそそらないのが致命的。
>|