Shirota

記者たち~衝撃と畏怖の真実~のShirotaのレビュー・感想・評価

3.5
LiLiCoが「『バイス』を観てから『記者たち』を観るとより理解が深まって良い」と言っていたので、その通りに。

おかげで、あまり政治ネタは得意ではないのだけれど、『バイス』で面白おかしく退屈せずにお飾りのブッシュ政権、911からのイラク戦争への流れを掴めていたので、ナイト・リッダーの「記者たち」の動きと他のメディア、大統領府との対比が分かりやすかった。

記者ランデー(ウディ・ハレルソン)とストロベル ( ジェームズ・マースデン )の情報収集合戦が良かった!ハゲのランデーにお色気作戦はできないでしょ〜て、やっぱり電話ガチャ切りされてるし!笑
でも、奥さんがミラ・ジョボビッチて驚き!!

ロブ・ライナーが監督、製作、出演まで!
ウォルコット支局長が部下を鼓舞するときのスピーチ。

「 他のメディアが 政府の広報係に成り下がりたいなら、やらせておけばいい。だが、我々は、他人の子を戦争にやる者の味方じゃない。我々は、我が子を戦場にやる者たちの味方なんだ。政府が何か言ったら、必ず こう言え。〝 それは 真実か? 〟と 」

これは彼自身の言葉であり、訴えなんだ。