記者たち~衝撃と畏怖の真実~の作品情報・感想・評価

「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」に投稿された感想・評価

k2

k2の感想・評価

3.8

【我々は「ナイト・リッダー」だ。】

9.11後、アメリカ国内の愛国心溢れる風潮に同調する大手メディア。

ーーーしかし、それは政府の広報を取り上げ「売れるニュース」を「主眼」としたシロモノだった、


「ナイト・リッダー社」の
W・ストロベルとJ・ランデー記者は追及する。。。
大手が接触しないディープな情報源に隠された「真実」を求めて。

ーーー本当にイラクに大量破壊兵器はあるのか?

ーーーイラクに進行する本当の意味は?



ボスである編集局長のウォルコットは局員に語った。


「我々は【他人の子】を戦争にやる者の味方じゃない。」
「我々は【自分の子】を戦争にやる者の味方なのだ。」


ーーー素晴らしい観念だ💦m(__)m
鳥肌が立った。

ーーーたしかに「政府」が「兵士」を送る感覚と。。。
「家族」が「我が子」を戦地に送る覚悟や感情は別物だ。



アメリカ合衆国は11年に1回、兵器の「在庫処分」をすると昔から揶揄されている。

ーーー軍産複合体(軍需産業)のために。。。?

ーーー「我が国民」のためというオブラートに包んで。。。




実在の二人の記者に拍手を送ると共に、編集局長に特別な尊敬の念を抱きました。

味のある佇まいだ。
ありがとうございますm(__)m
9.11後からイラク侵攻に至る政府の嘘を報道し続けたナイト・リッター社の記者達の闘いを描いた作品。
たんたんとしすぎていて盛り上がりはないが、それだけ誠実に事実に基づいて描かれていて良かった。
Shuu

Shuuの感想・評価

3.8
< DVD・字幕 >
9.11同時多発テロからイラク戦争勃発までの記者たちの戦いを実話を基に描く社会派の作品。その "情報" は正義か真実かで揺れ、国や宗教を巻き込む大騒動に発展する中、記者たちは、"1つの真実" の為に命を懸けて挑む姿というものはカッコいいです。他の局と完全に孤立しても、ブレないで真実を追求すること、その一方で国家に振り回されることがあったので最終的に記者たちの情報が真実だった結末だったけどあまりスッキリしませんでした。"コト(戦争)"が終わった後だったから。ただ、ベトナム戦争の失敗とそこから学ぶこと、イスラム教のスンニ派とシーア派の問題、様々な出来事が凝縮されており、自分の為になる良い作品でした。ミラ・ジョヴォヴィッチがエロい。
koma2chan

koma2chanの感想・評価

3.6
9.11後のイラクに対しての大量破壊兵器言いがかり戦争の当時から囁かれてた陰謀説の事実を語った映画です。
90分と短めですが上手く纏めてます。
ばく

ばくの感想・評価

3.5
俳優陣が豪華
お勉強がてら、この手の映画も
たまに見たくなる。
mizuchan

mizuchanの感想・評価

3.5
2019年102本目
mayano

mayanoの感想・評価

4.0
この一連の出来事の時はまだ小さかったから鮮明な記憶はないのだが、おぼろげにアメリカがイラクに兵士を派遣したのは覚えてた。当時誰もが疑いもせず、アメリカはイラクに攻撃されたって信じたけど実際はアメリカが企んで事実をねつ造・すり替えていたということにとても驚いた。ペンタゴンペーパーズの映画といい歴史は繰り返されてるってことを感じた。そして、いつの時代も真実を世間に伝える為に奔走する記者たちの姿はとても尊敬するし、カッコいい。ナイトリッターズの編集長がバラバラの事実から今後の道筋を簡潔に明瞭に導き出す様にも頭がキレるなあと感心した。こういう映画はやっぱり面白い!!
寝てしまった…しかもすごい大事なところだった気がする…
世界史、現代史の勉強不足…
hoz

hozの感想・評価

3.9
戦時下で真実を報道する難しさを知る。
愛国心とジャーナリズムの戦い。
金と権力を持った人達の為の世界なのだと実感する…。
立ち向かうジャーナリストと家族の葛藤。

正義の戦争と謳うアメリカと聖戦と謳うイスラムの戦い。
武力を行使した瞬間から正・聖を失うという真実を知ってほしい。
>|