ランバー

まく子のランバーのレビュー・感想・評価

まく子(2019年製作の映画)
-
なんか、好きにはなれない空気感。無駄の多い静止画と固定画像。昭和の響かない邦画を観ているようでした。
大学生演劇の無茶苦茶な脚本で演じられている舞台を観終えた後のような、省エネ、ローテク感が苦い後味として残る。エンドロールが高橋優で良かった。
でなければキツかった。