小さな恋のうたの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

上映館(5館)

「小さな恋のうた」に投稿された感想・評価

ウッチ

ウッチの感想・評価

3.4
「キラキラ映画」初心者の僕は、冒頭30分が地獄でした、、、
開始5分、部室での練習?から地獄。
・演奏開始前のメンバー間のセリフ回し
・この時代に高校生バンドのプロデビュー
・東京から来たプロデューサー 等
コレが「キラキラ映画か、、、」と圧倒されるけど、
その後少し捻りが効いてきてからは、キャラクター達も落ち着いてきて何とか観れるテンションに戻る、、、

「沖縄基地問題」の舞台立ては良くも悪くもサラッと掬う程度なので、わかりやすく自然だったと思う派です!
(扱いに怒る人がいるのもわかる)

劇中の事件や、学校の先生や、あの親父(怒)など、物事がうまくいかない展開が続くだけに、お別れの演奏シーンはグッとくる!
まさかの青春と社会風刺の映画

トミコクレアちゃん 可愛すぎる
猫

猫の感想・評価

3.8
シネコン上映してるから、
また若者の漫画チックな話だと思ってスルーするつもりだったのだけど、
余りに評判がいいので頑張って鑑賞しました。

沖縄の基地問題を含めた
硬派な音楽映画だったのでビックリしました。
最初 ? と思っていた展開がちょっとした演出だったので
まずガツンと一発くらいました。
基地問題は日本人だけの問題じゃなく、
フェンスを隔てた外国で暮らす米人にとっても憂うべき問題なんだと、
ちょっと考えればわかるのに意識してこなかった事を観せてくれた。
そして沖縄の大人達が、子ども達に対しどう思っているのかも観せてくれた。

『羊と鋼の森』の時からマークしている森永君のいつもの笑顔が良かったです。
号泣。沖縄の基地問題をテーマにしながら、高校生たちの、「あなたに届け」という真っ直ぐな歌声が、国境を越えて、世代を超えて心に届く。

基地問題って、どうしてもどちらかの立場に立って論じてしまいがちな気がするけれど、互いを大切に思うという、人間としての原点みたいなところに立ち返る考え方が、ストーリーとともにとてもしっくり来るものでした。
6/23は沖縄県にとって大事な慰霊の日です。だからといってでは無いんですが沖縄にちなんだ映画を観ることになりました。
沖縄では一番有名なロックバンドと言って過言は無いと思いますがMONGOL800の曲にインスパイアされた物語。これが沖縄の現状の問題をリアルに映し出していて、だからといって明確な答えを出せないそんなもどかしさまでも見事に表現していたと思います。
そんな基地問題も高校生バンドの青春物語もどちらも共感できることばかりで自然と涙も溢れてきました。
ストーリーと関係ないところではロケ地が身近なところだったり、モンパチのメンバーはもちろん、ライブハウスのオーナーや地元の知ってる女優さん等も出演されていて嬉しかったりもしました。
沖縄県に留まらず全国に広まって欲しい映画です(o^^o)

劇場113本目
MONGOL800の楽曲から膨らませた高校文化祭物語。

広告会社や新聞社、放送局なんかが寄って集って興行を担保しながら作った沖縄高校生の今物語としてギリギリの設定かと思いました。というかこの辺りの表現が限界ですよね。
オスプレイの持ち出し方とか、痛々しい脚本でした。

昔、職場に浦添高校出身の女性がいました。先日は打越正行さんという方の『ヤンキーと地元』という本を読みました。沖縄の高校生ってそれ以外の高校生と違った環境で生きてる部分があると思う。それは他国の軍用機が校舎に墜落してくる危険の中で暮らしてるっていう「わかりやすい」現実だけじゃなくて。
その辺りもなんとなく滲んではいたけど、やっぱり言いたいこと全ては言えないね、という。

山田杏奈ちゃんはどうかするとハルレオ級の素敵さです。これで映画が成り立ってるくらい。

あと、親世代のことをふたつ。
世良正則のオーバーな演技は『HOUSEハウス』の尾崎紀世彦を思い出しました。
それと私ならああやってギターを叩き壊されたら、その場であの父親殺します。
もこ

もこの感想・評価

3.7
あんまり映画とかで泣かないんだけど泣けた。普通にライブ聞いてる感覚で最後終わった時拍手しそうになった
演者に沖縄感がなさすぎたけど。若い人が基地問題のことを知るきっかけにもなればいいな。
kitty

kittyの感想・評価

4.2
山田杏奈ちゃんに点数全部あげる
歌声、演技素晴らしかった。何回も泣かされた
間違いなくこの映画のMVP

青春映画なんだけどただの青春映画ではない
ストーリーにたくさんの思いが詰まっていて
素晴らしかった。特に歌の素晴らしさが分かる映画

沖縄ならではのストーリーだが
大人が作っているアメリカとの関係性
子供には関係ない。壁はあってないもの。
恋する学生がフェンス越しにイヤホンで音楽
を聞くシーンはまさにそれを感じさせる。
最後はフェンスも無かったね。

青春映画の王道もあるが、予想出来ない展開も多くて見応えあります。

この映画の伝えたい事が十二分に伝わってきます。特に歌で。

MONGOL800を早く聴きたいと思いました
感動しました。涙しました。

是非観て欲しいです。
あさみ

あさみの感想・評価

4.0
とにかく観るべし!


曲はもちろん、ストーリーも構成も歌唱力もピカイチ。