lp

PRINCE OF LEGENDのlpのレビュー・感想・評価

PRINCE OF LEGEND(2019年製作の映画)
2.3
「王子が大渋滞!」
あなたはこんな日本語を聞いたことがありますか?私には見たことも聞いたこともないフレーズでした。この映画の宣伝を観るまでは!

という訳で、「王子が大渋滞」なるパワーワードを擁する映画がどんな作品か気になったので、公開初日に早速鑑賞!
会場はTOHOシネマズ日比谷のスクリーン12。早い話が以前のスカラ座だ。隣のスクリーン13(以前のスカラ座2。あるいは、みゆき座)では『ボヘミアン・ラプソディ』が満席(余談だけど、この勢いは本当に凄い。)になっている中、公開初日の今作の上映に集まった観客は、何と50人にも満たなかった!
「王子が大渋滞」、残念ながら私が観た回では「映画館が大渋滞」とはならなかったようだ。

さて、映画本編。
聖ブリリアント学園で3年に1回開催される、「伝説の王子選手権」に挑む男達の物語。
これまでの『PRINCE OF LEGEND』の総集編(昨年の秋にテレビドラマ版が放送されていたのだとか。)→メインイベントの「伝説の王子選手権」→ラストに少しだけドラマがあるという、映画単品としては随分と薄味な作品でした。
91分でキレ良くまとまっていて、余計なことは一切せず、潔く話を進める展開は悪くない。ただ、登場人物の多い話が、あまりにもポンポンと進んでしまうので、途中から全てのキャラクター、シークエンスが薄っぺらく感じられてしまった点では物足りなさも残る。基本的なストーリーの馬鹿馬鹿しさからしても、掘り下げればもっと面白く成り得た感がある。

映画全体では微妙に映りましたが、LDHの勢いだけはしっかり伝わってくる作品でした。