にっきい

マイル22のにっきいのレビュー・感想・評価

マイル22(2018年製作の映画)
3.4
カルロス・ゴーンが逮捕されてるこの時期に「日産のトラックだ!」ってセリフは笑った(笑)

タイトルに覚えがあるから気になってたんだと思う作品。
でもすっかり忘れてました(笑)
たまたまシネコンの上映予定見てて時間があったので観てきました。

重要人物を護送する決死の約35㎞って話し。
いやー、これは凄かった!
前半こそ少しもたついた所もあったけど、アクションに次ぐアクション!
まさに息つく間もない!
しかも3つの勢力(国家)の思惑が複雑に絡み合ってて、次に何が起こるか予測出来ない!
でも実はストーリーはとてもシンプル。
盗まれたセシウム(あの福島のTV局のバカな奴が"怪しいお米セシウムくん"ってテロップ流して大問題になった放射性物質)の所在を知っている男を亡命さす為に、22マイル先の空港まで護送するだけ。
主人公の所属する組織の詳細は不明、亡命を阻止しようとする側の思惑も不明、そしてロシアのFSBの目的も不明。
ただ護送している22マイルの道のりに全てが収束していくのは凄かった!
よくあるスパイもののハイテク機器のように超クリアな盗撮映像ではなく、ノイズが入る映像、聞き取りにくい音声ってのがリアルだった。
全てを知った上でもう一度観たら、三者三様の思惑がわかって面白そう。

またまたやりました「異次元スケ」(笑)
23時に仕事終わってから1時間弱の道のりなのに、23:45〜の今作観てきました!(笑)
高速で500円払って行っても、着いたの2分前でした!(笑)
ってせっかくレイトショーで1300円で観ても、余分に500円払ってたら意味ないやん!(笑)