みうさん

魂のゆくえのみうさんのレビュー・感想・評価

魂のゆくえ(2017年製作の映画)
-
いい意味ですごく変な映画だった。緊張感。家の中のしつらえが禁欲的すぎる(けどとても美しい)そして、謎の目。あれはなんなの?ライト?模型?そして、宗教的な禁欲さ。ただし、牧師エルネストトラー(イーサンホーク)がつらみの塊のような人で、見てる方も辛い。それをかき乱すために遣わされたようなメアリー(アマンダセイフリッド)とその旦那が、環境問題について投げかけると、そこに取り込まれていってしまう。常になんか真面目なんです。そして、それが加速していき、明後日の方向に行きそうになるけど…という、最後は観てる者は突き放されて終わります。あー、どうしたら…。また考えたら書きます。環境問題について投げかけたかったのかな…とは思う、そして、最後は解放なのかそれとも?となったのです。
字幕翻訳/亀谷奈美
字幕監修/森本あんり
監修の方はICUの教授の方です
2019/04/13
ユナイテッドシネマ豊洲
スクリーン12 D列
座席数少ないけどスクリーンは大きめ、段差と足元の余裕があって見やすい。