カタパル

魂のゆくえのカタパルのレビュー・感想・評価

魂のゆくえ(2017年製作の映画)
-
これはキリスト教徒じゃないと評価が難しいですね。アメリカ人って信心深い人が多い。アラブのイスラム教徒も信心深いイメージですが、ボクから見たらアメリカ人のキリスト教徒だって相当です。

キリスト教徒から見た環境問題が一つのテーマなんですが、そこで引っかかっちゃうとそれ以上深く入れない。まあ、ボクが全く信心深くないから余計なんでしょう、ストーリーに入り込めませんでした。

そういった意味で、今回は評価なしで。