魂のゆくえの作品情報・感想・評価・動画配信

「魂のゆくえ」に投稿された感想・評価

ttrr

ttrrの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

環境問題に関心を持ちつつも、自分も要因の一つということを思い出すとやるせなくなる。じゃあ人間なんていなくなってしまえば……そんなふうに思うことはよくある。キリスト教について多くを知らないので、声を大にしては言えないが、神父の自己嫌悪には共感した。

ラストは愛によって命が救われたように見える。しかし、神父は死んだ元夫と同じ運命を辿っていて、これから幸せに暮らすとは考えられない。あの突然の幕切れも、どうしようもない暗い未来を感じさせる。
ひろ

ひろの感想・評価

3.2
アマンダセイフライド鑑賞!

環境問題と宗教とあまり興味のないところだけど久しぶりのアマンダちゃんだしと見てみたけど若干消化不良と言うかまたprimeおかしくなったの?って思ったほど半端なところで終わるのやめて!

結局口ではキレイ事言ってても裏では環境を汚染してる企業からの献金を受けてたり教会の闇的なとこをつくお話。



何でもかんでも神が…ってなるとちょっと萎えるくらい無神論者なのであれですが
偉い人が言ってた現状こそ神の計画だとしたら?って言葉にそういう考えもあるのか!ってちょっと納得。←そんな事ないと理解はしてるけど考え方として。





環境活動家のグレタさんが好きそうな作品だなと思いましたw


いきなり宙に浮く描写がなけりゃ良かったんだけどね。
イーサンホークも髭がないほうが好き。髭なしイーサン牧師に迷いが生じる話…?正直なところよくわからなかった。思っていることを文字にして書いているうちにますます迷うイーサン。沈黙もそうだったけど神様はわかりやすく救ってくれない…ラスト、彼女が来てしまってうわぁってなるイーサンどうしたのかな。信仰心が足りない私には難解だった。
shuco

shucoの感想・評価

-
最後、楽しみにしてたのになー…
牧師さんでもやっぱりブスには厳しいなぁ…
ツツジ

ツツジの感想・評価

3.0
期待しすぎた。
ものすごく動かされる映画ってわけでもなかった。
自分の興味、理解の及ばない領域のことを、物語を見ながら想像するのは難しい。
アマンダ・セイフライドが出演。
みき

みきの感想・評価

4.5
生きることの滑稽さを肯定してくれる最後。唐突な終わり方も、生の意味となる喜びは一瞬に過ぎないことが強調されていて好きです。
真面目に考えると反出生主義に陥るし、自己矛盾に苦しみ、生きる意味を見失う。けれど、こんな一瞬の幸せが生に価値を与えてくれる。
企業が社会や世界に及ぼしている悪影響に目が行きがちな就活生の私の悩みと重なりました。
りー

りーの感想・評価

5.0
アメリカの教会が成り立つ構造と矛盾を同時に見せられた。最初は社会的な映画なんだけど、どんどん主人公の葛藤や狂気が描かれて怖かった。殉教に対する考えとかテロリズムもこうやって生まれるのかと。
ぶん

ぶんの感想・評価

2.0
途中でDVDの調子悪くなったかと思いかけ直してみたら、なんとそこでendだった…

牧師もひとりの人間やと思いますが、それにしてもラストは理解が追いついてこない。

イーサン・ホークとアマンダ・セイフライド。
間違いない役者が主演なだけに、期待感高くやっと借りれた作品ですが、ポカーンとなってしまった。

ワタシの宗教的概念が足りないのだろうか。難しかったです。
>|