じぇれみー

search/サーチのじぇれみーのレビュー・感想・評価

search/サーチ(2018年製作の映画)
4.2
【情報社会が薄める人の温もり】

娘のPCにログインして行方を捜す、父親の狂おしき数日間!

全編PC画面で展開されることで話題の本作。PC画面と呼ぶには少々無理のある映像もありますが、それはご愛嬌ってことで。幾重にも開かれたウィンドウは観客の集中力を高める効果もあり、気付けば没入していました。

また、全編PC画面によるPoV進化系という1アイディアに頼っていないのもいいですね。むしろ、練り込まれた脚本こそが本作最大のウリであると力説したい気分です。

ヒッチコックの『裏窓』にオマージュを捧げたようなオープニングでは、手際よく親子の背景を描くことに成功しています。これが後々効いてくるんですよ。

そして、いよいよ娘が行方をくらませると、時に情報社会を皮肉りながら、巧みにサスペンスを盛り上げていきます。この手腕は新人離れしたもので、観客に見せたいこと、今は気づかせたくないことを濃淡をつけて提示してきます。なので、真相が明かされると、やられたなぁと素直に感心。全編PC画面というアイディアなんてどうでもいいほど、純粋にミステリーとして秀逸なんですね。

しかも、その先には、、、おっと、これはご自身の目で目撃してください。

というわけで、私じぇれは『search / サーチ』を強くオススメします。迷っている方は是非映画館へ。配信で観るのも楽しそうな作品ですが、情報量が多いので、やはり1回は大きなスクリーンで鑑賞した方がいいですよ。