marimo

search/サーチのmarimoのレビュー・感想・評価

search/サーチ(2018年製作の映画)
4.0
すみません、完全になめてました。

全てはPC(主にMac)ディスプレイ内で完結。
ってアイデアは面白いけど、そこだけでしょ?
そう思ってた時期が私にもありました。

いやぁ〜お見事!!

このアイデアを最大限に活かすための演出と、練られた脚本。
このアイデアって多分1回限りでしか使えないので、ムダ使いせずに仕上げてくれた事に感謝です。

冒頭、WindowsXP内で描かれる回想シーンから傑作の確信。
新しすぎる見せ方に「作ったやつ天才かよ」って。鑑賞前のなめてた感情はどこかに消え去りました。

個人的にメッセージアプリを打ち直す演出とか、すごい好き。主人公の感情の揺れを伝える手段として現代的で新しい。さらにラストに響いてくる打ち直しとかね。もうズルいわ。

オチに関しては、匂わす部分は多々あるので分かりやすいかな?
気付いたとしても面白いので大丈夫。

ディスプレイ上で全て語られるが、映像上はズーム等で観客の視線を誘導してくれるので必要な情報を見逃す心配もなし。
さりげない親切演出すばらしい。

私自身、WindowsもMacも両方使ってるので、特にMacの機能を演出に組み込む使い方とか上手いなと。(そこが、Mac触った事ない人にちゃんと伝わるのか、ちと不安)

円盤化の際には特典でズーム演出無しのフルスクリーンver入れてほしいな。(それをMacBookで観るとか完璧でしょ)