search/サーチの作品情報・感想・評価

「search/サーチ」に投稿された感想・評価

sally

sallyの感想・評価

4.0
本作品、正直あまり期待して見に行った訳ではありませんが、見事に裏切られました!

サスペンスとしては、凄く良く出来ていますし、褒めるところは沢山あります。

お話的には、よくある内容ですが、しかし、気持ちの良い位スカットお話が進みます。

また、本作品、全編、真面な撮影がなく、全てパソコン上や監視カメラやニュース映像だけで話が進みますが、俳優さん達は、大変だっただろうな・・・作る監督さんもよっぽど頭が良くないと作れないだろうな・・・・

本作品、本来なら、単館で公開されてても良いんじゃないかと思う作品ですが、私が見る前は期待していなかったからかな、見終わった後、満足度が大変に高かったので、結構お勧めしたい映画です。

また、サスペンスの内容だけではなく、現代のネット社会の良い面、悪い面もしっかり描かれていて、本当に関心させらたな。

強いて言うのなら、ネット社会の良い面の方では、もう少し苦労して欲しかったな、結構あっさり話が進むので、悪い面も、もっと主人公が追い詰められていくと良いかな、そうする事で、今のネット社会の怖さももっと伝わったかな・・・
IpponKnock

IpponKnockの感想・評価

4.0
面白かったです。
事件が二転三転してあとが読めず最後まで楽しめた。
最初と最後は人間ドラマの要素があり、深みもある。
みけ

みけの感想・評価

4.8
仕掛けだけに満足することなく、筋にも力を入れていてよかった
高千代

高千代の感想・評価

4.0
"二転三転、さらに四転する展開から目が離せない!
スクリーンに映し出されるのは、「画面」のみ。
あなたは傍観者になる"

ひっさしぶりの映画館のスクリーンでの鑑賞。やっぱりいいもんですね。

初っ端から、映画では見慣れない光景がスクリーンに映し出された。「おお、ほんとに画面だ…」
噂では知ってましたが、ここまでかと。
この時点で、見るだけでも面白いと思います!

肝心の内容は…これがまたすごい。
特に後半からの予測出来ない展開が、休む暇なく次々と…「え、まさかの」…「はっ!マジか」…「いやいやいや、嘘だろ。」…「お、おぉ!」
すごい勢いです。ほんと

スクリーンを通して見てるだけの私は、話題にのってハッシュタグを乱用する偽善者達と同じような立場に感じた。ただ、見てるだけ。一方的にコメントを発信するだけ。可哀想だとか、誰の責任だとか。ただの傍観者でした。

それにしても、パパさんのパソコン操作には感動した笑
見事に使いこなしていて、尊敬するレベルでした。

ネット社会の今だから
ネットの恐ろしさとか、SNSの暗い所も描かれる。

「親心子知らず、子の心親知らず」
人の親でないと、理解出来ない所もあった。
いつか親になった時、また観てみたい。
reshofa

reshofaの感想・評価

4.1
私はオチが最後まで読めなくて、面白かった!テンポも良い!
muepon

mueponの感想・評価

4.3
映画『search/サーチ』はとても現代的な映画です。普段私たちが当たり前のように使っているSNSやWebサービスがほぼ映画全編に渡って登場するからです。
そしてそれはどこか遠い世界を描いている訳じゃないリアルさを醸し出しています。

何にせよオープニングのシーケンスからやられてしまいました!
我々の世代では誰もが体験したことのあるWindowsのデスクトップ画面(壁紙)。
ログイン画面からして何もかも皆懐かしい・・・。
しかし、この映画の本質は懐かしさではありません。

何より驚かされるのは、映画全編に渡ってパソコン画面のみで物語が進行していくこと。普通に表現すればすぐに飽きてしまいそうなのに、 現代ツールとして馴染み深いFacebook、Instagram、Twitter、TumblrなどのSNSやYouTubeなどの動画共有サービスが当たり前のように登場し、そこから見た視点として常に視聴者が共有していける構成になっています。

そのため自分自身の日常体験と重ね合わせやすく、親近感が湧くと同時に最後まで飽きることは全くありませんでした。

16歳のマーゴットが突然失踪。家出なのか誘拐なのか行方不明事件として捜査が始まるものの真相は分からず、父親のデビッドは彼女のPCにログインして彼女のSNSにアクセスを試みる。そこには父親の前では明るく活発だった彼女とは別の姿があった・・・果たして・・・。

こういうストーリーを描く場合、大抵は負の側面から一方的によく分からないものとして断罪されることが多いですが、現代の深層心理というものをとてもよく捉えていて、現代における推理小説としてとても優秀。サイコスリラーとしても一級の出来映えでした。

同時に、個人を表現するツールがここまで多彩になった今、どれが自分自身なのか外側からは分かり難くなっているのも事実です。

日々当たり前のようにSNSに接していると、Twitterで投稿する内容とFacebook、Instagramでそれぞれ異なるのは当たり前だしサービスのカラーも違う。

どれも自分自身だとも言えるけども、他人からすると本質的な部分が見えにくくなっているのも確かです。そういった意味では若者がハマるサービスや承認要求、行動原理などを完全に理解するのは難しい時代なのかもしれません。

今年は「カメラを止めるな!」という日本映画でありながらも革新的な一本がありましたが、時同じくしてここまで素晴らしい映画に出会えるとは思いませんでした。

シナリオが優秀過ぎて「えっ、これまだ話が続くの?」と思わせるどんでん返しなストーリー。冷静に見ていても騙されない方が難しい。

そういった意味でこの映画は「カメラを止めるな!」同様、出来るだけ事前情報を仕入れずに見に行くことをオススメします。

今の時代を見事に映し出した映画でもあるので時が経てば内容が古びてしまう可能性も高いですが、今見ないのはもったいない・・・そんな一本です。
髭

髭の感想・評価

4.3
映画の全てが携帯のフェイスタイム、パソコンの画面、監視カメラ等の映像のみで話を進めていくという意欲的な映画。

この制約上しょうがないがお父さんのパソコンのスキルがその年齢にしてはかなりヤバめに設定されてたので、バンバン娘のSNSをハッキングしていく様をみて、娘が単なる家出だった場合お父さんもう口も聞いてもらえないんじゃないか凄く心配になった。。

ともかく、見せ方次第でまあそんなに衝撃的でもない話でも、こんなにフレッシュに最後まで飽きずに観れて、なおかつ涙腺に訴えかけて来るんだなと思いました。
ターズ

ターズの感想・評価

4.0
これからこういう世界になっていくんですかね。古い人は取り残されていってしまいそう。
gdbsdta

gdbsdtaの感想・評価

3.4
初監督でこれか凄いな。
今迄にない試みと、驚きの展開が楽しめた。そういう使い方もあるんだとか、逆に怖いなーなんてSNSの影響力を感じた。
数年後みたらどう思うのかわからない、今見るべき映画だと思った。
Hxx

Hxxの感想・評価

4.1
スピード感あってサクサク進むからパソコンのスクリーンだけの映像でも全く飽きない。ある程度予想しながら観ているのにどんどん覆されるし、クライマックスにかけての伏線回収がすごい!
思いの外、家族のエピソードに共感できる部分もある。
>|