劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~の作品情報・感想・評価

上映館(1館)

「劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~」に投稿された感想・評価

タダ

タダの感想・評価

4.5
(;-ω-)ウーン京アニ凄い…​ケド…​

なんとか初日に観てきました待望の続編です!!

原作未読ですがアニメとリズと青い鳥は見ているのですが十分楽しめました

前作の大前ちゃん達1年が2年になり新入生を指導しながら次のコンクールを目指すお話。
感動あり笑いありドキドキありで中々甘酸っぱい作品少しでもアニメ原作等かじっているなら絶対見て欲しい作品です見てない人ある程度楽しめますよ(汗)なんと言っても吹奏楽部の演奏シーンは相変わらず圧巻ですもっとCG多用してもイイのに手書き作画を丁寧に大量に盛り込み迫力ある演奏に輪をかけて引き込ませて行きます 兎に角凄い原作も良い意味で意表を付いてくるし 最高でした(*´ω`*)ホクホク

何回も見たいけどこの後エンドゲームとか見たい作品結あるのよねぇ…​…​(;・∀・)
むぎ

むぎの感想・評価

4.5
演奏シーンでの演奏している音楽と楽器の運指が全て正確にぴったり合ってました。
そのようなアニメに出会ったことがありません。
長尺の演奏シーンでも運指がぴったりでした。
どんなに大変な作業だったかとびっくりしましたし、京アニのアニメ制作への想いや技術を物凄く感じました。
普段アニメを見ないので京アニの存在を知らず、友人に誘われて観に行きました。
心から感動しました。
日本人としてとても誇らし気持ちになりました。
素晴らしかったです。
ぽにょ

ぽにょの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

めちゃよかった。相変わらず僕の心のやらかい場所を締め付けてくる…。
上手くなるってなんなん!?的の、あとダメ金なんて意味ないし!
とか、努力は裏切らない!とかよくある…よくあるんだけどそれを丁寧に描いていてすばらだった。
あいかわらずコンクールの時の描写は10000000点満点だったし…。
みぞれちゃんがあんだけ上手いのに全国いけないって何事だ。ソロコンだったら全国金賞では!?
あと、努力は裏切る場合もあるってこと、私もよく知ってる。だからなんか共感した。
人によってはもやるかもしれんがそれが現実だもんな…。

奏ちゃんのちょっとやなとこあるけどそれはトラウマのせいなんです。もすげえ…わかりみ…。
あとさあ3年生の大好きだった先輩がつけてた学年カラーをまとっている1年生…とかそういうさあ細かいところでちょっと思いだしグッときてしまったよね。
ナツキ先輩はまじでよくできた人だな、好きよ…。
あとは演出が相変わらず上手い。サンフェスの時の光と影の使い方。とか、青い鳥をマーチングのあとに飛ばして次の自由曲モチーフが出てくる、とかさ~。
久美子と秀一は麗奈がいるじゃん!!!!と思ってしまったのであまり…感情移入できなかった…。
まあ最終的にくっつくのかな?過程ぶっ飛ばしすぎなのもあったかもしれないな。

そしてラスト…ぶちょ~~~。まあなりそうだったけど。

ということで3年生編もあるんでしょうか。全国金なんでしょうか。
サンフェスの衣裳がえっちすぎたので来年はもうちょっと高校生らしいものにしてほしいです。
ていうか毎年衣裳変わるとか金かかりすぎじゃね!?心配。
とか細かいところが気になる気になるほどにリアルを追求した話なんだなって…。
いやほんとにね…。青春を呼び覚ませアニメっすよ…。
相変わらずの高品質だけど、音楽ネタを公平に評価できないダメな自分全開。あと、個人よりも部活ドラマがよりストレートに取り上げられて、前作「リズと青い鳥」の方が楽しく観れたかな。

泣いたけど。

でも、やっぱラストはインスト曲がいいわー
「もっと、もっと好きでいたい」

最初でも最後でもない2年生という時間。

アニメ史上最高傑作「響け!ユーフォニアム2」と映画史上最高傑作「リズと青い鳥」、この二作品の続編という月まで届きそうなハードルに、シリーズの集大成という最高のかたちで応えてくれた。

2年生になる前の久美子が、幼馴染の秀一から告白されるという衝撃的な展開から始まるオープニングに、ユーフォ2の最終回で彼女は深淵を抱えていたのかと思いやられる。
そんなサプライズを経て2年生になった久美子たちの新歓は、プラカードを持つ彼以外1年前と大きく変わっており、昨年とは全く違った一年になることを予感させる。
進級して新たな生活が始まる予感があってもなお、卒業した先輩・あすかとの思い出の曲を吹いている夕暮れに、久美子は本作の中心となる新入生・奏と出会う。

彼氏となった秀一との逢い引きもほどほどに、奏を含めた低音パートの新入部員がその片鱗を覗かせてくるが、名前の呼び方ひとつでトラブルになる辺りが一筋縄ではいかない。
1年前は新任の滝先生が鳴らしていたチョークの音を、今年は優子部長がかき鳴らし全国大会金賞へと向けた練習が始まるが、思うようには進まない。
部活というのは面白いもので、昨年の実績で優秀な生徒がたくさん入ってきたはずだが、それだけでは昨年の下克上的な勢いを超えられないというものがある。

その問題が顕在化しかけてきた練習中に、久美子は奏からある質問を投げかけられ、先輩として最初の試練を受けることとなる。
「演奏能力はあるが周りと打ち解けられない後輩と、能力はなくても周りと一緒に頑張る後輩、そのどちらが好きか。」
その質問に対して「どちらもいいところがあって、私はどっちも好きだよ!」という答える久美子に、群像の中心を背負ってきた成長の証を見る。

それが本心だと言い切る久美子と、その直後に駅でうなだれている久美子が、少女が抱く二面性を表明している。
そうこうしているうちに毎年恒例のサンフェス本番を迎えるが、顕在化しかけていた問題が遂に爆発し、周りと打ち解けられなかった少女・美玲が演奏を辞めると逃げ出してしまう。
その後ろ姿を追う久美子と奏だが、二人が追いつくと奏は再び久美子を試すようなことを言い始める、「私は美玲の方が好き。黄前先輩も美玲の方が好きだって言ってましたよね。」と。

またしても先輩としての試練を迎えた久美子は、奏の発言を受け入れることなく、美玲に本心を問う。
「本気で部活をやりたいから、仲良く部活をやっている人たちにイライラしてしまう。」そんな思いの丈に触れた久美子は、それでも仲間たちを信じ、「みっちゃん」とあだ名で呼んでもらうことを提案する。
奏にはその意味がわからないが、多くの部員たちの激情と対峙してきた久美子の経験則は正しく、美玲は周りと少しずつ打ち解けていく。

サンフェスも終わり、今年の課題曲と自由曲が発表され、ここから一気に「リズと青い鳥」とのリンクが強まる。
昨年のトランペットソロがクライマックスとなる曲から一転、オーボエソロとフルートソロの掛け合いがメインの曲となったことで北宇治のエース・麗奈の顔が歪む。
自分のために吹いているだけでは、みぞれが麗奈を超えることはなかった・・・希美のために、誰かのために吹くことが北宇治の新エースを誕生させたのだった。

そんな麗奈と久美子で久々の帰り道、麗奈は久美子に秀一からあがた祭りに誘われたかどうかを尋ねるが、久美子のリアクションは素っ気ない。
久美子は逆に、麗奈が想いを寄せる滝先生から将来的に付き合ってほしいと言われたらどうするのかと問うが、恋愛よりも将来への思いを知りたいというのがいかにも彼女らしい。
麗奈と別れた後の帰り道、一人ベンチで佇んでいる久美子は父親に声をかけられるが、将来については聞かれても答えることができない。

将来への不安もほどほどに、久美子は秀一と昨年は一緒に行けなかったあがた祭りに出かけるが、彼女が見せる顔は家族といるときとも友達ときとも違う女の子のものだった。
そんな表情を覗かせながらも、その手に麗奈と一緒に食べるためのりんご飴とみかん飴を握っており、彼女たちは絡み合う群像の渦の中にいると感じる。
お祭りを楽しんだ二人はふとしたきっかけに距離を近づけ、秀一は勇気を振り絞って久美子に口づけをしようとするが、久美子は拒絶してしまう。

秀一から逃げているのか恋心から逃げているのか、走り去った先で辿り着いた大吉山の麓で、久美子はトランペットの音を聞く。
その音に導かれるように山を登っていくと、麗奈が一人頂上で佇んでおり、二人は思い出の場所で再会を果たす。
短いやり取りを交わした後、麗奈は久美子のために「リズと青い鳥 第三楽章」を吹く・・・いつか一緒にいられなくなるかもしれない心の奥底を覗かせるように。

あがた祭りも終わり、練習に励む部員たちを待っていたのは、思いもよらぬ人物からの思いもよらぬ話だった。
久美子と一年生の指導係を務めてきた三年生・友恵が、奏者を辞めてマネージャーになると言い出し、吹奏楽部に衝撃が走る。
努めて明るく振る舞っていた彼女に、夕焼けの中で真意を問う久美子は、顎関節症のためトランペットを吹けなくなったという事実を聞かされる。

それ以上に、久美子を動揺させたたのは「あんまり悔しくなかった。」という友恵の言葉、頑張ることの意味を疑っていなかった彼女に激震が走る。
トランペットを吹けなくなったことよりも、それを悔しく思えなかったことの方がもっと悔しいのではないか、そんなことを考えてしまう。
友恵が久美子の前で折り合いをつけるための言葉を紡ぐ中、汗をかき必死でチューバの練習をしている葉月の表情が、対照的に映し出される。

部員たちの激情に触れながらも、久美子はいよいよオーディションの日を迎え、落ち着いた演奏で先生を感心させる。
久美子の次は奏の番だが、いつもの彼女とは別人のような気の抜けた演奏に、たまらず夏紀と久美子は教室まで乗り込んでいく。
体調不良を理由にして、夏紀と久美子は滝先生から再オーディションの約束を取り付けるが、奏はこれが自分の実力だと言って引かない。

自分を合格させるために手を抜いて演奏するなら、オーディションを辞退すると言う夏紀の、結果よりも過程を大切にする強さに奏は衝撃を受ける。
本心を聞きたいと問い詰める夏紀に対して悪感情を見せる奏、下手な先輩は存在事態が罪だと言って、自分の身を守るためにやったと告白する。
頑張ってきた先輩を差し置いて後輩がコンクールに出ると敵をつくるという主張は、この部にそんな風に思う奴はいないと一蹴され、実体験とのカオスをもたらされた奏は逃げ出してしまう。

追いかけようとする夏紀を制して、久美子は雨の中奏を追いかけ、遂に二人の本音と本音が対峙する。
奏の様子から中学生時代に何かあったのではないかと尋ねる久美子に、奏は当時の先輩を差し置いて、コンクールメンバーに選ばれたことを話し始める。
先輩のために必至に練習した結果は銀賞となるが、皆に投げかけられた「こんな思いをするのなら先輩が出れば良かった。」という言葉に、皆が納得するかどうかが何よりも重要だと考えるようになったという。

「それは極端すぎない?」と問いかける久美子に、久美子も自分と同じ気持ちだと思っていたと返し、かつてのあすかのように彼女のスタンスを暴こうとする奏。
「気になって近づくくせに、傷つくのも傷つけられるのも怖いから、なあなあにして安全な場所から見守る。そんな人間に、相手が本音を見せてくれると思う?」目の前の奏にあすかの姿が重なる。
「そんな自分を嫌だなって思ってる。」あすかにも言えなかった本音、ずっと心の奥底にあった本心を、奏を相手に久美子は表明する。

「それはどうして?」と尋ねる奏に、「上手くなるのに邪魔だからかな。」と答える久美子、奏はその言葉の意味が分からずまた動揺してしまう。
「私ね、上手くなりたいんだ。ユーフォ二アム。」久美子が宣言したのは、特別になるためではなく、ただ純粋に上手くなりたい気持ちの表明だった。
自分ではない誰かのため、誰かに認められるために頑張ってきた奏にとって、純粋な向上心という強さは恐怖でしかなかない。

再び逃げ出す奏を追いかける久美子は、本心を叫び続けるが、その言葉はすべて自分に向けられているようでもある。
「努力して、努力して、努力して、それでも結果が出ないことなんて誰にでもある。いつだって思うよ。結果が出なくて後悔したらどうしようって。」
それでも心を溶かしたのは、「奏ちゃんは頑張ってきた。」という言葉で、優しい音楽のピークと共に感情の終着点を迎えることとなる。

梅雨も終わって晴れた夏の日、奏が勇ましく歩く先に吹奏楽部関西大会出場の幟が映し出され、教室には久美子と夏紀がいる。
「ひと雨来ないかな」でハッピーアイスクリーム宣言する奏、いつの間にかユーフォパートも、先輩後輩で仲睦まじい関係となっていた。
コンクールメンバーも決まり、関西大会に向けての練習が加速するが、久美子と秀一の関係はいつの間にか互いの距離を図りかねていた。

合宿を控えた久々のオフ、昨年と同様プールに来た久美子と麗奈は、将来のことについて話す。
「楽器を吹くことを生きた証としたい。」と息巻く麗奈を冷静に見つめる久美子に、常に彼女の言葉を瞳を輝かせてた頃の姿はなく、二人それぞれが別の道を歩み始めたことを思わせる。
合宿を迎え関西大会に向けた練習は熱を帯びてきており、オーディションを勝ち抜いた久美子と夏紀と奏が滝先生の指示に、息ぴったりの返事をする。

しかし同じの音を出すにも奏と夏紀が身体を傾けるところ、久美子だけ体幹を全く揺らすことなく出し切る辺り、奏者としての格の違いも存在する。
1年生の頃から久美子を見つめていた秀一はその姿に、このままでいいのだろうかと思い至り、合宿所の静寂に想いを馳せる。
通りかかった麗奈と言葉を交わし、恋人と話す決心をつけた秀一を、久美子が呼び出す。

家族、恋人、親友、後半、先輩・・・様々な人たちの激情に触れた久美子の決心は、たくさんのことを同時にはできないという気持ちの表明で、秀一からもらったヘアピンを返す。
「部活とか全部終わって、それでもまだ私のことを好きでいてくれるなら、もう一度渡してほしい。」久美子の思いに秀一は自分も同じことを考えていたと応える。
新ためて全国大会金賞を誓い、拳を合わせる二人を見届けると、関西大会当日の朝がやってくる。

会場に集合し、本番の時を待つ吹部のメンバーに、遠くから声がかけられる。
昨年のコンクールで、麗奈とトランペットのソロを競い合ったOG・香織の登場に、いつもストイックな優子部長が豹変する。
それと同時にいつかのように後ろから久美子の髪をいじる手、伝説の人物のように回想で登場していたあすかが、彼女の存在もまた日常の一コマであるかのようにあっさりと現れる。

突然現れたあすかに「大学はどうですか?」と聞く久美子に、彼女がずっと先輩を慕っていた気持ちを感じるが、あすかはそんなこと聞いている場合かとツッコむ。
寂しかったと素直に認める久美子に穏やかな眼差しを向けて、あすかは「魔法のチケット」だと美しい向日葵畑のポストカードを渡して、去っていく。
劇中で「魔法のチケット」の正体が明かされることのないストイックさに、2年生編のままでは終われないという、製作陣の将来への決意すら感じる。

本番直前の控え室で、部長の優子はあらためて全国大会への決意と支えてきてくれた部員と副部長への思いを語り、夏紀を赤面させる。
次の演奏順を待つバックヤードで、夏紀は久美子へコンクールへの思いを吐露し、奏は久美子のルーツを問う。
久美子が答えたのは、中学時代のコンクールで麗奈が見せた涙、あの瞬間が始まりだったと再認識し、本番のステージへ歩き出す。

遂に始まる関西大会の演奏・・・これはもはや体験なのでレビューすることではないが、クロスカットそれ自体が本作のテーマを象徴している。
演奏を終えて、結果を待つ久美子たち・・・金賞を取るも全国大会には行けなかった。
この瞬間、今年のダークホースとして全国大会出場を決めた龍星学園の様子を見る久美子に、等身大を超えてテーマの象徴となりつつある彼女の姿に壮絶な寂しさを感じる。

それぞれが悔しさを表明する中で、打ちひしがれた優子を懸命に励ます夏紀と、部長として最後の挨拶に臨む姿に目を張る。
告げられたのは「頑張ったことに意味はある。」という誇り、久美子が奏と自分に向けたメッセージは、この瞬間に普遍的なものとなった。
バスに乗り込み郷愁の中で思い思いの時間を過ごす部員たち・・・遂に最後まで言葉を発することない希美とみぞれ、リズという二人だけの秘密を守っているようである。

ふてくされている奏の隣に、今日という日がいつもの日常であるかのような久美子が座り、奏は今再び「頑張るとは何か。」を問う。
久美子が逆に問いかけたのは「悔しい?」の一言、涙を流し悔しさを表明する奏は同じスタートラインに立てたのだろうか、フィナーレを誓えたのだろうか。
その言葉を聴き満足そうに瞳を輝かせる久美子から涙は出ない・・・本当に象徴と化してしまったのか頑張っている観客一人ひとりに対するエールなのか、その真理を理解するためには、まだまだ本作と向き合わなければならない。

鑑賞記録
2019.06.02
丸の内ピカデリー1舞台挨拶付き上映回
→リズとの相互リンクを期待し臨んだ二階席の宙、青春の疾風にあってその声を聞くことのない二人の世界は、なにものにも侵すことはできないと逆説的に示してくれた。

2019.07.05
立川シネマシティast極上音響上映
→原作小説の鋭利な表現力、その感情の顕現を映画に求める前人未到の上映は、音の出だしと消え方が素晴らしくノイジーな瞬間ですらもかけがえのない個性となる。

2019.07.06
イオンシネマ幕張新都心ULTIRA
→お預けを食らっていた超巨大フラット館上映は、鶴岡音響監督作品で特徴的な台詞が引っ張る音響に、劇伴と効果が自然に溶け込む絶妙なバランス。

2019.08.11
塚口サンサン劇場4静寂上映
→本来なら作品と観客の関係性で語られる映画で、京都アニクオリティに応えることを至上とする追悼上映に、彼女たちの人格を預かる矜持とどこまでも誠実であり続けた表現に涙が止まらない。

2019.08.28
EJアニメシアター新宿1
→再現性を疑ってしまう映像と音響が逆説的に作品のポテンシャルを引き出し、ただ面白いという事実がそこにある、人格は細部に宿るという真実を体験する。
きくち

きくちの感想・評価

4.7
一回うだうだ感想書こうと思ったけど、まとめると「最高!」だったのでそれまで。
ユーフォの魅力は「不穏さ」と「人の美しくなさ」と、そこから生まれる「青春のかけがえのなさ」全てがステキな100分間でした。まあ、テレビシリーズでも観たいっていうのはあるけどねぇ。
まだ京アニメ作品にしっかり触れられるかって不安はありつつ(実際復習としてDVDレンタルしたTVシリーズの総集編には結局手がつけられなかった)、劇場で特別上映がされるってことだから絶対見なければという気持ちで臨んだのだけど、鑑賞後の今はやはり見て正解だったという気持ちで一杯。

真面目でギスり気味なけいおんとも言えるこのシリーズ、ギスるのが苦手な自分としては取っ付きにくい部分もありつつ、この作品に関してはそのギスりがリアルな青春らしさを齎していたりしっかりカタルシスとして最終的に上手く機能していたから必要不可欠だとは思うし、こう良い塩梅に昇華してくれていたらギスりも歓迎できる。(青春し過ぎていて自分のものと比べたとき死にたくなるのは困りものだが)

ちょっと間が気になったりノリが合わなかったりしたところもTVシリーズ同様(というか京アニ作品全般で共通して)ありはしたけど、見ている内に世界観に引き込まれていき段々気にならなくなっていくのもこれまた同会社の他の作品と同じかそれ以上に思え、こんな気持ちにさせる作り込み具合は改めて流石と言わざるを得ない。

主演の黒沢ともよの演技もTVシリーズ同様心の揺さぶられる巧さがあり、クライマックスのあのシーンとかでは結構涙腺も緩んだくらいで、同年代と比べてもかなり達者な部類に入るだろう彼女はもっと評価されるべき声優。(改めて聞いてもデレマスの赤城みりあやゆゆゆの犬吠埼樹と一緒とはとてもじゃないが思えない)

スタッフロールになったらさすがに事件のことが思い出されて複雑な気分になりはしたが、TVシリーズから続投のキャラだけでなく新キャラにもきっちり愛着が持てたので(特に最終的に犬みたいななつき方してた土屋神葉演じる求くん)、ソフト化とかされたとき暁にはもう一度見ようと思うし、この流れで今度こそTVシリーズの総集編にも手が出せそうだ。

でもキャラといえば自分的にこの作品で一番好みのキャラはあすか先輩で、OBと化したおかげか色気が増したようにも感じて少しドキッとしたが、特に眼鏡属性に惹かれるわけでもないのにあの眼鏡に関しては輝いて見えるのが不思議。
久石奏ちゃんをすこれ。
2時間で収めるには勿体無いEP。
TVシリーズで1クールかけて観たかったのが正直なところ。
本公開の際に忙しくて観に行けなかったのでEJアニメシアター新宿で再上映と聞いて視聴。
『響け!ユーフォニアム』のアニメ自体は私が高校入学の年の春アニメとして放送されていて、主人公の高校入学から始まるこのアニメと高校入学したばかりの自身とを重ねながら観るという異常に気持ち悪い事をしていたのを思い出して少し気恥ずかしい心地に(笑)
ただ、この気持ち悪い追体験が“出来てしまう”というのは私がこの作品を異常に推している理由の一つでもある。従来のスポ根アニメや学園モノのアニメには根強い努力神話や平等神話的な流れが存在しており、例えば「努力すれば凡人でも部活で全国大会に行ける」「冴えない主人公でも努力して憧れのヒロインと結ばれる」などが王道パターンだというのは誰もが頷くだろう。
しかし、この作品ではそういった神話は存在せず、センスや実力という残酷な現実感が物語を取り巻いている。それ故に、今作でも主人公一味の登場人物が選抜メンバーに選ばれない事や素晴らしいドラマを経てのコンクールでさえも全国大会の出場を果たせない事などといったある種の〈敗北〉が度々登場するのだ。物語が綺麗に進みすぎない、むしろ停滞までしてしまう様なこの作品のリアリズム的描写と、その残酷さの中でもがき苦しむ高校生の少年少女たちという図に私たちはつい感情移入してしまうのだろう。
また、『響け!ユーフォニアム』における脆く崩れやすくも芯が通っているという高校生像は本当に美しく、今作では先輩後輩との人間関係や恋愛といった要素が大きく関わってくる事からその美しさがより感じられた。
綺麗過ぎず汚過ぎず、全知過ぎず無知過ぎず、全能過ぎず無能過ぎず、リアルな高校生像としてのバランスを保ちながらもそこにしっかりとアニメーションとしてのフィクション性や程よい夢物語的要素を挿入する事で現実的過ぎずかといって非現実的過ぎない、この『響け!ユーフォニアム』が成り立っているのである。
続編が決定しているという事だが、現状では制作が難航しているのだと思う。一早い復興と追悼の意を込めて。
2019.08.25
20190825 EJアニメシアター新宿にて鑑賞。4月の公開時に観られなかった3作目なので来てみたが、ほぼ満席、年齢層も様々。カット割りも多く、あっという間に終わってしまった。JDになったあすか先輩も登場。いよいよ久美子部長の誕生か。最後は劇場内で拍手が起きた。次回に続くよね、京アニ、頑張れ。
>|