キングの作品情報・感想・評価・動画配信

「キング」に投稿された感想・評価

葵

葵の感想・評価

3.7
2020年160本目

原作はシェイクスピアの戯曲ヘンリー四世1部2部、ヘンリー五世
長いし内容も苦手な感じかなと思ったけど意外と見れた。
やっぱりティモシーシャラメは最初から最後までイケメン。かっこいい。
ロバートパティンソンは嫌な役でダサかったけどそれがまたいい笑
お

おの感想・評価

3.3

ロバートぱっってぃんそん!!!!
ストーリーとしては平々凡々だけれども、映像が物語に重厚感を与えている。『レヴェナント』のエマニュエル・ルベツキの撮影のように、自然光のみを用いた映像はとても良いが、ルベツキほどの感動はなかったかな。

唯一感心したのは、合戦のシーンで、あそこはとんでもない規模で撮影しているのがよくわかった。泥まみれになって戦うのもとても良かった。『プライベートライアン』の最初の15分みたく、そこばかりを延々と繰り返す映画にはなるかもしれない。

ティモシー・シャラメはもっと軽い役者かと思っていたけど、こういうのもいけるんですね。ドゥニ・ヴィルヌーブの『デューン』も期待していますよ。
BETANI

BETANIの感想・評価

2.6
ティモシー・シャラメとロバート・パティンソン目当てで鑑賞。

この手の映画あまり観ないので、途中少し飽きてしまった........。
ラストのタイマンシーンのロバート・パティンソンは最高だった。笑
最新医療に動物の犠牲が必要なように
平和にも犠牲が必要

人間は犠牲無しに生きれないのだと
痛感し
本当に苦しかった
言葉も出ない苦痛を味わった
今生きていることが
誰かの犠牲であることを
深く受け止める作品だった

だからといって
犠牲を無しにして
自ら死を選ぼうと
思うこともできないのが人間
愚かだ

果てしなく生という恐怖に対面し
それと共に
生きる意味を身に重んじた
現代では戦争もほとんどなく
平和に見えるけれど
犠牲というのは目に見えないところで
繰り広げられていて
私たちは生かされているのかもしれない

この世の均衡を遠目に
傍観しているかのような感覚に落ち
生のありがたみを感じた

そして
ほんとティモシー最高すぎる作品です
この髪型がこんなに似合うのは彼だけ!
ロバートパティンソンの
フランス訛り英語と
ティモシー引き立て役具合がたまらないので
是非ファンの方は見てください♡

☟映画イラスト描いてます✍️
Instagram.com/guruporu

☟YouTube
youtube.com/GURUPORU96
yoshis

yoshisの感想・評価

3.1
ティモシーシャラメってフランス人でじゃなかった?フランス人がイングランドの王を演じて、フランスと戦う。何かモヤモヤする。
Saku

Sakuの感想・評価

3.4
どのヘンリーの話なのかとか、人間関係と国同士がどうなってるとかが分からなかったので途中wikiりました。

皆さんご存知だよねみたいな感じで分からない登場人物出てくる。

戦争の戦闘が派手で無く見せてるのが良かったです。ただの殴り合いだったり淡々と決着が付いたり。実際はそんな感じだったんだろうなと思います。
Da

Daの感想・評価

3.5
全体的にかなりトーンが低かった
ハルの変化が見所。
mmm

mmmの感想・評価

4.2
ロバートパティンソン目当てで鑑賞。
ティモシーシャラメも最近見る機会多かったけど、序盤の笑ってる所、あんなに笑ってるの初めて見ました。
何故か今まで見た役は笑っても微笑む程度が多かったので新鮮でした。
しかも彼、大きい声出せるんだ!!!と思いました(笑)
やや猫背で落ち着いたトーンで話す印象しかなかったので(笑)
良いシーンでした。

しかしロブ、本当にかっこいいです。
金髪ロン毛も堪らないですね。
そして皆さんフランス語も分かるの凄いですね..。
癖ある喋り方なのは分かるけど上手い下手とかは全然分からない...。
想像より遥かに出番は少なかったもののキャラ濃くて魅力たっぷりで素晴らしかったです。
ラストの方は何ともあれですが。

ストーリーよりその二人に注目して見ちゃったけど、最後の下りまで楽しめました。
SHIN

SHINの感想・評価

3.6
裏切り、友の死、若き王の苦悩。

ティモシー・シャラメの一皮むけた演技が見所だと思う。

これからどんどんアクションにも挑戦していってほしい。
>|

似ている作品