おたしん

ビューティフル・ボーイのおたしんのレビュー・感想・評価

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)
3.6
ドラッグの依存性を改めて知った。
あんなにも克服できないのね…残念ながら共感はできないけど。
我慢して期間空けても少しならってなっちゃうのか…。
文字通り"堕ちている"って感じ。

本人の努力はもちろんそれ以上に周りのサポートが重要。
1人で解決できる簡単なものではない。
自分で制御できてると思ってもできていないから。
どんなに支援してもまた繰り返され…ってなったら諦めたくなるよね。
親の立場からしたら子供が崩壊してくのを見ることになるから想像できないほど心が痛いだろう。
助けられないってことに行き着くのつらすぎる。
パパ優しい人だったなあ。
ニック優先ですぐ助けに行ったり心配するのに涙が出た。
またカレンの行動にも泣きました。
裕福な家庭だったし兄弟と遊んでるときはただただ優しいお兄ちゃんだったのに。

何度も何度も繰り返しても周りが諦めなかったからこその結果。
感謝してもしきれないだろう。
過去をどう考えているのかが気になりました。

ティモシーが尊すぎるドラッグ厨でも美でしかない…。
あとジャスパー君の飛び込み可愛すぎるから注目して下さい。