nem

ビューティフル・ボーイのnemのレビュー・感想・評価

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)
4.0
成績優秀でスポーツ万能、
将来を期待されていた学生ニックは、
ふとしたきっかけで手を出したドラッグに
次第にのめり込んでいく。
更生施設を抜け出したり、再発を繰り返すニックを、
大きな愛と献身で見守り包み込む父親デヴィッド。
何度裏切られても、息子を信じ続けることができたのは、
すべてをこえて愛している存在だから。
父と息子、それぞれの視点で書いた2冊の
ベストセラー回顧録を原作とした実話に基づく
愛と再生の物語。

薬物にのめり込んでしまう人は特別な人なんかじゃなくて、ただ偶然何かの拍子に出会ってしまった人なんだと感じた。
だからこそ、1度使ってしまったら戻れない恐怖を自身も感じた。
何度裏切られても息子を信じ、愛す父の姿に胸が締め付けられた。